箪笥のなか

箪笥のなか

作者名 :
通常価格 565円 (514円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

親戚の家からゆずりうけてきた、古い紅い箪笥。年ふりたそのひきだしからは、時に不思議なものたちがあらわれる。そして箪笥によばれるように、この界(よ)ならぬ人びとがわたしを訪ねてやってくる――。現実と非現実のあわいの世界をたゆたうものものを細やかな筆致で描き出し、著者の新境地を示す連作小説集。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年08月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

箪笥のなか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年04月21日

    姉弟の日常に起こる不思議な出来事の短編集。
    ざわざわするけど癒される。
    忘れたころにまた読み返したくなるお話。
    もう何度読んだかわからないくらい、お気に入りの一冊。
    長野まゆみの著書の中では異色で、綺麗な少年は出てきません。
    読み終わりたくないなぁって気持ちで読んでいました。
    続編出ないかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月06日

    これほど不思議な雰囲気の漂う小説。という説明がしっくりくるものもないでしょう。
    次へ次へと言葉を求めていく。それは小説として求められるべき文章力なのですが、この作品では言葉をじっくりと噛みしめながらよみたいという欲求がわき上がります。

    長野まゆみ先生の初期作品のような、総じてほっこり出来る雰囲気を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月08日

    おもしろい。
    こんな箪笥ほしいなあと思います。

    蝙蝠の引き出しが一つであんなに不思議なことがたくさん起こったのだから、もらったのが蝶ではなく飾りが蝙蝠の方の箪笥だったらもっと不可思議なことが起こっていたのかな。

    蝙蝠はドラキュラとセットになっていることが多く、不吉なものというイメージが強いですが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月02日

    子供の頃よく想像した、ドアの向こうにある異次元の世界を髣髴とさせる。
    この書ではドアではなく箪笥なわけだが、異次元の世界へこちらから赴くのではなく、向こうの住人がやってくるのである。

    ワクワクしながら読み進めることのできる1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月01日

    見える人の弟と、たんたんと家族をやっているお姉さん。
    多少の不可思議なことには動じない。
    弟のお嫁さんも動じない。

    不思議な風景が、"住む場所を選ぶ箪笥"を中心に語られていく。

    短編集だけれど、一編読んでは余韻にひたり、短編の数だけ日数が過ごせる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ほう、長野まゆみってこういう雰囲気の話も書くんだ。というのが第一印象。譲り受けた箪笥から現われる怪異。聞こえないものを聞こえてしまう少年期の弟、それらがすごく日本的な感覚なんです。
    此岸と彼岸、夢と現、過去と現在、それらがない交ぜとなり境界線が薄れていく。しかし登場人物たちはきちんと地に足のついた生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月20日

    すごく好きです。ゆっくり読まないと置いていかれるような小説。たびたび登場する「あめふらし」から『あめふらし』を手に取った。リンク具合がたまりません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月20日

    単行本の方を読んだのは2007/10/25になってたけど全然内容を覚えてなかった。箪笥を通して不思議ななにかが起きる、和風な話だったような…くらいの印象。
    読み直したらめっちゃ面白かったやんか。非日常のはずのものがスーンと入ってきてて、なんのことなく日常に受け入れられている平和な雰囲気がいい。あと食...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月26日

    梨木さんの「家守綺譚」を思い出した。うつつと夢とを行き来しながらもそれを当たり前のように受け容れていく様がとても好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月19日

    少年が主人公の甘くてステキな言葉が詰まった作品と違い
    不思議で懐かしくて優しい物語。しかも語り手は女。
    不思議なものを見たり聞いたりするのは弟である。
    そんな弟を、すんなり受け入れる家族がステキだ。
    梨木さんの家守奇譚を連想しました。
    人から人へ渡り歩いてきた箪笥。
    箪笥に選ばれた者が体験する不思議...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング