彼等(凜一シリーズ)

彼等(凜一シリーズ)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京で受験生としての日々を送る凜一。京都の大学でフットボール部の主力選手として活躍する享介。遠く離れていてもこの思いは伝わっているはず―そう信じていた凜一だったが、京都を訪れた折りに、享介の意外な姿を見てしまう……。絡み合う周囲の人々の思惑、行き違いやためらいをのりこえて、ゆっくりと心は結ばれていく。二度とない、ふたりの季節を描く、好評シリーズ第3弾。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
226ページ
電子版発売日
2014年08月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2012年06月11日

    四部作のみっつめ。
    凛一は高校3年生に。

    今さらだけど、長野さんの描いた絵も好きな凛一シリーズ。
    表紙のストライプの服を着た男の子って、氷川さんかなあ?

    今回は千迅(ちはや)さんが出てきて、
    またしてもあっちへ行ったりこっちへ行ったりする凛一。

    正午が・・・まゆみさん何故、正午をあんな目に・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年01月29日

    正午っ・・・・!!
    正午のお話はまだ長野まゆみをこのシリーズしか読んだ事のない私にとってはちょっと毛色の違う話に
    思えた。しかしそれも新たな一面発見!
    蛾・・・・蛾ですよ、蛾!!!そうきたか〜(´ω`)
    元気のない正午はさみしいけど、長野まゆみはいったい正午をどう考えてるんだろう。
    とりあえず、凛一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年11月17日

    氷川×凛一シリーズの第3作目!!
    遠く離れていても想いは同じだと信じていた凛一。意外な姿を見せてしまう氷川。
    健気な凛一と煮え切らない態度の氷川の関係が壊れてしまいそうになる。
    物語の中では一番切なく、周囲の絡み合う思想が大きく展開します。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年08月22日

    『白昼堂々』、『碧青』の続編。
    正午、千迅さんの存在で何とか、凛一は生きているという印象がある。
    やきもきした記憶が…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年12月28日

    凛一シリーズ第3弾。
    JUNE要素有り、主人公はうじうじねちねち気味でキャラは漫画的。それさえ大丈夫ならオススメしたい。
    妙な表現もなく、美しく繊細です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年10月15日

    「白昼堂々」と「碧空」の続き。あぁ、そう行くの…。展開がどうとかいうより、綺麗過ぎて切ない。残り一冊、どう転ぶのか気になる…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2006年04月25日

    凛一シリーズその3。千疾さん登場〜。眼鏡だぞ!オイ!!有沢さんの名前が出てるだけでときめくのをどうにかして下さい・・・!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2005年12月20日

    凛一シリーズ第3作目。
    大学生に進んでよりやきもきする機会が増えました。
    千迅さんが素敵すぎる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月21日

    凛一と氷川の関係がちょっと前進?
    心配なのは正午かな…。
    偽善の話にはとても共感できた。
    凛一の刹那的生き方も、氷川の感情にまっすぐなところも、嫌いじゃない。むしろ好感を覚える。
    とりあえず、凛一の人間味がシリーズ3つ目にしてようやくだいぶ見えてきて、良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月30日

    「白昼堂々」シリーズ3作目。

    東京で大学受験を控える凛一と、京都の大学のフットボール部で活躍する氷川。千尋の異母兄・千迅の登場や、従弟・正午の抱えた問題で、凛一を取り囲む状況は慌しくなる。

    氷川の兄の過去や、正午への仕打ちとか、まっとうじゃない悪意が怖かったです。

    懲らしめ方が、粘着質で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています