天然理科少年

天然理科少年

作者名 :
通常価格 672円 (611円+税)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ブックライブ10周年記念】特別企画開催中!

作品内容

「ぼくたちは、ずっと友だちだったんだよ」

放浪癖のある父に連れられ、転居を繰り返す岬。山の中学校で出逢った賢彦との3日間の邂逅と別離。時空を超える、みずみずしい物語

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
160ページ
電子版発売日
2016年04月08日
紙の本の発売
2005年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天然理科少年 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年08月09日

    表紙の少年の人形に惹かれてジャケ買い。
    放浪癖のある父のせいで引っ越しと転校を繰り返す主人公の少年「岬」。引っ越し先で出逢った「賢彦」という不思議な少年との3日間の物語。
    長野まゆみ作品は、宮沢賢治の世界観を彷彿とさせる。檸檬水、鬼胡桃の印鑑、ガラスの笛。
    物語の中にさりげなく登場する綺麗な物に心癒...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月28日

    初長野まゆみでした。なのでこれだけカテゴリ別で。この作品のおかげで、少年と球体関節人形にはまってしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月12日

    表紙の少年がたまらなく、イイ!!(笑)
    物語自体も、少年たちの友情の切なさと、時間軸の移り変わりの不思議さが心地好かったです。
    天議やTV-cityのような近未来が舞台のお話も好きですが、新学期やこの作品のような日本の古き佳き時代が舞台のものも非常に好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月06日

    放浪癖のある父親に連れられ転校を繰り返す主人公。ある山間の町で、幻の湖で神隠しに遭ったという少年に出逢うのだった。
    透明感溢れる文章は長野まゆみ独特ですな。神隠しに遭った少年、幻の湖、鬼胡桃の印鑑、硝子の笛、ひとつひとつの要素が重なり綺羅綺羅と輝きます。ただ単なる幻想譚でなく、最後に腑に落ちるように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    美しい言葉、美しいカラー写真。
    紙質も普通の文庫と違い、眼と感触、いろいろ楽しめる本。

    個々の短編と思いきや、ひとつのストーリー。
    ラスト、梓の真相は今思えば不思議だが全く気づかず。
    だからこそ、とても胸にじんわり迫る。
    飄々とした大人の父が、少年時代は少し不器用で完璧では無い面がとても愛おしくな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「体温とか、肌合いって、ことなんだよね」
    その地の人との馴れ合いを嫌うように引越しを繰り返す父。父について転校を繰り返す岬が出逢った北浦と白水。彼らの関係、白水の秘密、そして父の放浪癖の理由。美しい写真と共に楽しめるファンタジーです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    文庫としては高めですがカラーの写真が入っているので致し方ないかと。でも写真も素敵なのでおすすめ。
    長野さんで家族ものといえば兄弟話が多いですが父子ものもいいなぁ、というお話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    温もりが、本を通じて感じられるよう。あたたかいのに切なくて、最後の数文を読んだあと、身の回りの音が遠ざかるように感じます。ナゼだか、宮崎駿に映像化して欲しいと思った。うるんでしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月11日

    久々の長野さんはやっぱり好みだった。
    霧に紛れて場所が錯綜し、少年時代のお父さんとその友達に出会う話。
    そして、お父さんに代わってその想いを消化させてゆく。
    時に長野さんは凝りすぎてしまうときがあるけれど、この作品はお見事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月11日

    彼女の作品の中でも上位に位置します。

    なんともいえない、子供のころを思わせるような
    不思議な作品。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています