上海少年

上海少年

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今日も波止場に大陸からの引揚船が着く。睦は独りそれを待っていた。あの海の向こうの都市で過ごした、失われた幸福な日々。生き別れになってしまった兄と阿媽(アマ)のことを想いながら――。そして、港町の一角に出来た華人の市場で、彼は懐かしい上海から来たという、不思議な男に出会う……。過ぎ去った時代に生きる、少年たちの姿を詩情豊かに描く作品集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年08月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

上海少年 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年11月11日

    面白い。淡々とした語り口で見事に世界を作っていると思う。幕間には自分も騙されました。いやあ、読んでいて楽しかったです。長野先生の話にこういうものはつきものだと理解しつつも毎回毎回翻弄されてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月26日

    言葉遣いや台詞や描写がいやみなく品があって古風で私好み。辞書で一つひとつ引きたくなりました。時代設定がよかったのかな。
    お話自体も読後の雰囲気がよかったです。文体の涼しさと内容の切なさが合ってて。

    何回もよみたいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月25日

    短編集なんですが、一つ一つ不思議な感じと秘密?に満ちていてなんとも言えず、美しい素晴らしい一冊。

    真実か偽か、揺れ動く中の少女少年が美しい。

    またこういうの書いてくれないかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ●雪鹿子(ゆきかのこ)
    野良猫として少年を飼う女。女を慕っている男。死んだ男の親友は女の亭主。
    冬の冷たい空気と餡子の甘さ。なんてスマートな話。

    ●上海少年
    一番面白かった!!神懸った短編だ!!大人をも喰う少女の毒がとても良かった。
    素敵だった・・・・ラストもとても明るい。
    上海だいすき!!だから...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    東京少年と似た題名ではあるけれど、おそらく個別のもの。
    短編集ですが、私は表題作が好きです。生き別れた兄の面影を追って波止場に行く少年。いい風景だと思います!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    同じく短篇集の鳩の栖(版元が同じなので個人的には対の認識)が静だとすれば、こちらは動の物語。雑踏、歓楽街、デモ、唐突出逢いなどなど。けれど根底に通うのは同じく遣る瀬無い想い、切ない願いだと思っている。逆に異なっているのは女性の姿が目立つ点か。
    一番気に入っているのは「幕間」。想いを操ることなど出来な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    面白かったです。
    長野作品には珍しく、女の子が深く関わってくるお話たちでした。
    でもやっぱり、少年が冷たくて良いです。
    時代設定が明確にされているところも好きです。二・二六事件とか。それでも長野さんの世界なので素敵でした。
    「雪鹿子」「上海少年」「幕間」が特に好きでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月20日

    『夏至南風』と同時期に読んだ。 
    どちらが先かは忘れたけど、長野まゆみさんの作品を読んだのが初めてで戸惑った記憶がある。 
    今では、長野さんの文章が作り出す雰囲気が大好きになったんだけど。 
    たしか、冒頭に立ちシ●ンシーンがあったような? 
    昔過ぎて覚えてないけど、また読みたいと思っている作品の一つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    古本購入。
    「少年アリス」で有名な長野まゆみ。前から気になっていた作家さんだったので導入みたいなカンジで読んでみた。
    大正ロマンや昭和初期の古き善き時代故のはかなさを自然と描いた作品。
    けれど色褪せたインクじゃない。鮮やかな色で描かれている。
    私はこういう雰囲気に弱い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    少年だけど、JUNEじゃないです。
    文章がとってもキレイ。長野まゆみって文章は好きだけど話がJUNEくさいからちょっと…っていうかたに是非。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング