火口のふたり

火口のふたり

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私、賢ちゃんの身体をしょっちゅう思い出してたよ――挙式を控えながら、どうしても忘れられない従兄賢治と一夜を過ごした直子。出口のない男女の、行きつく先は?不確実な世界の極限の愛を描く恋愛小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2015年08月21日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

火口のふたり のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月30日

    ぐずぐずな人生
    過去に濃密な関係があったから、
    やけになってもまだ続けられるのかな
    美味しそうな料理
    こんなセックスできる相手は、いたら大変なんだろうな…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    映画を見て気に入ったので原作を手に取ってみた。

    刹那的な享楽を超えた、男と女の本能のお話。
    目の前に迫る現実的なあれこれも、本能の前には全て掻き消えてしまう。
    その感覚にはすごく共感出来た。
    性描写と食事のシーンを何度も見ていると、生きるというのはこういう事なのだと思わされる。
    福島原発の話は必要...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月01日

    映画が生々しいって聞いてたので、官能小説なんじゃないかとびくびくしながら読んでいましたが、思うほどエロくなかったです。

    終末を知ったら、私も愛する人とひたすらセックスにふけるかもしれないなんて、ぼんやり考えてしまったり…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月20日

    エロい小説やな(笑)

    でも、男のセックスの捉えかた、感じかた、向き合い方は、真実やなと思った。なかなかエロをあそこまで哲学できないで(笑)
    男性のエクスタシーの原理を知る上でも、女性は必読じゃないかな(^-^)/

    内容ないと評価する人もいるが、俺は好きな小説だ(^-^)/

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    落ちぶれた男と結婚を控えた女。かつて濃密な関係を結んだ二人がまた出会い、カタストロフィの直前にまた求め合う。しかし分かったのはお互いのすれ違い。物語の背景と二人の関係性がなんともチグハグに見えてしまうがこれは意図した手法なのか、その辺りが読み解けず、楽しめたとは言い難い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月05日

    家庭の事情である時期(学生時代)きょうだいのように育ったいとこ同士の賢治(41歳)と直子(36歳)。ある時から一線を越えた関係となる。

    月日は流れた。順風満帆の出だしだった賢治だったが、仕事に結婚に挫折し生きる意味を見出せなくなっていた。
    従妹である直子の結婚式に参加するため東京から故郷の福岡に帰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    何というか、作者らしくないなぁと言うのが読み終って1番の感想。

    3.11後に出た作品という事で、
    あの震災後の作者の気持ちを反映しているのかな、
    と邪推。

    内容はやりまくって、食べまくって、またやりまくるの繰り返し。
    堕落しているのか、前へ進んでいきたいのか今ひとつよく分からない従兄妹同士の2人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    やっぱり白石作品は男性目線のだと私にはイマイチ。
    女性目線の話のほうが共感できる部分が多い。
    賢ちゃんも直子も現実から逃げてるだけでしょって思った。。
    でも映画は観てみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月20日

    ざっとした流れは、あらすじ通り。
    結婚前の火遊びの話ねーとタカ括ってたら、
    もちろんそれだけではなく。
    2人の関係収拾つかないんじゃないか??からの怒涛のラストにびっくりした。リアルな出来事の中で話を紡いでたのに、急に創作が入り込んでついていききれず。出演者気になるので映画観るかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    いまやりたいことをやっていると、人間は未来を失い、過去に何も残せない。明日の為に必死の思いで今日を犠牲にしたとき、初めて立派な昨日が生まれる。

    ひたすらセックスしてるふたりのはなし。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

火口のふたり に関連する特集・キャンペーン