レイ・ブラッドベリの一覧

「レイ・ブラッドベリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/30更新

ユーザーレビュー

  • 華氏451度〔新訳版〕
    とても印象的な本だった。私が本を読むのが好きだから、と言うことを抜きにしても、そう思える本だった。

    本や書物は全て禁止され、所持しているのが見つかれば、それらは燃やされ、自分は捕まる。
    人々の娯楽は、巻貝と呼ばれるイヤホンから流れる音、テレビ壁と呼ばれるものから出てくる音声と映像。
    そして、テレビ...続きを読む
  • 華氏451度〔新訳版〕
    中学生の頃から名前だけ知っていて、ようやく読んだ。
    現代を予言しているという評があったけど、これってあれの事では?と思い浮かべる場面が確かにいくつかあった。

    ミルドレッドがかじりついてるテレビ壁、映像が目まぐるしく展開し見ることをやめられない…依存とまでは言わないけど、何気なくSNSを開いて延々と...続きを読む
  • 華氏451度
    素直に面白かった。物事を考えるのに必要な知識と閑暇(ヒマ)を人間に与えるのは本ではなく、自分以外の人間である他者との関係性なのだろう。
  • 火星年代記〔新版〕
    これは……さすが名作、と言わざるを得ない。
    わたしが生まれるずっと前に書かれてたのか……。すごい。
    だけど地球人って平和ボケしてるというか何というか……歓迎されると信じ切ってるところがヌケてるというか。
    火星人の方が大分上手だ。
  • 華氏451度〔新訳版〕
    本が自然に燃える温度華氏451度(摂氏233度。)。近未来のディストピア物語。昇火士(しょうかし)という職業についている主人公が、人々から本をとりあげて燃やし、娯楽、テレビを押し付ける世界で活躍していた。しかし、ふとそんな自分の職業に疑問を持って、管理社会から逃亡する話。本なんか読むから不健全になる...続きを読む