華氏451度〔新訳版〕

華氏451度〔新訳版〕

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

華氏451度──この温度で書物の紙は引火し、そして燃える。451と刻印されたヘルメットをかぶり、昇火器の炎で隠匿されていた書物を焼き尽くす男たち。モンターグも自らの仕事に誇りを持つ、そうした昇火士(ファイアマン)のひとりだった。だがある晩、風変わりな少女とであってから、彼の人生は劇的に変わってゆく……本が忌むべき禁制品となった未来を舞台に、SF界きっての抒情詩人が現代文明を鋭く風刺した不朽の名作、新訳で登場!/掲出の書影は底本のものです

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(海外)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年08月15日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

華氏451度〔新訳版〕 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月11日

    本が自然に燃える温度華氏451度(摂氏233度。)。近未来のディストピア物語。昇火士(しょうかし)という職業についている主人公が、人々から本をとりあげて燃やし、娯楽、テレビを押し付ける世界で活躍していた。しかし、ふとそんな自分の職業に疑問を持って、管理社会から逃亡する話。本なんか読むから不健全になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月22日

    ちょっと凄かった。世の中にある本を焼き尽くす仕事の主人公。戦争が始まろうとしていても人々は気にしない。スポーツやその場限りの観劇で発散。本があると知恵がつき暴動が起こるので世の中や人々は不幸になる。うーん、思わずそうかも…とゆらゆら〜。1953年の作品で新訳がとても読みやすい。少し言い過ぎも感じるけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月19日

    ◯あまりSF作品は読まないが、当該小説は訳が大変分かりやすく、元が日本文であるように滔々と読むことができる。
    ◯なるほど、解説に抒情詩人とあるとおり、まさしく比喩表現が多いが、目を瞑れば、情感を含めて、切迫感のあるシーンを思い浮かべることができる。
    ◯凡人が大家を評するようで、いささか僭越ではあるが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

    ブンガク
    かかった時間115分くらい

    これまた超有名な作品なので、焚書の話というのは知っていたが、初読。
    正直、人生の一冊レベルの作品だと思う。訳者の訳もきっと良いのだろう、小説のもつ言葉の美しさや象徴性を駆使して、2019年のいままさに目の前に迫っているディストピアを1953年にここまで的確に描...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月08日

    おもしろかった!
    最初の主人公と少女が出会うところからひきこまれました。詩的?な文章と緊張感のある展開で最後まで飽きずに読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月07日

    書籍を所有すること自体が犯罪となっている設定の近未来SF作品。
    書籍を焼く事がミッションである昇火士(ファイアマン)のモンターグは、ケロシンの焔で本を焼き尽くす事に喜びを感じていた。そんな彼の前に現れた不思議な少女クラリス。彼女との会話により彼の日常が変わっていく。
    タイトルの華氏451度は、本の材...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月04日

     文章そのもの自体は読みやすいんだけど、凄く詩的な部分があったり、比喩表現多用されたり、幻想的な情景が現実とシームレスに描写されたりするせいで、結果的に場面を理解するのが難しくなっていると思う。だから単にストーリーを追うのではなくて、文章を楽しむような読み方をすれば、もっと面白く読めるのかもしれない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    すごい本だ。
    もしも、政府が国民から知識を奪い思考能力を奪い国のために争いへと駆り立てようとしようとするときには、真っ先に焼かれるような。

    「本はなにもいってないぞ!人に教えられるようなことなんかひとつもない。信じられることなんかひとつもない。小説なんざ、しょせんこの世に存在しない人間の話だ、想像...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    テンポも良く、すごく読みやすかったです。
    小説はあまり読まない身ですが、表現力などに触れると、こういう本も良いなぁと思うところがあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月07日

    ストーリーはシンプルだけど、メッセージ性が強い。というか、今の時代を言い当てていて怖いくらい。自分で見る、考えることの大切さを改めて考えさせられました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

華氏451度〔新訳版〕 に関連する特集・キャンペーン