あまたの星、宝冠のごとく

あまたの星、宝冠のごとく

作者名 :
通常価格 1,166円 (税込)
紙の本 [参考] 1,296円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

地球からの異星調査隊が不思議な共生生物と出会い深い関係を結ぶ「いっしょに生きよう」、神の死の報を受け弔問に来た悪魔の考えた天国再活性化計画が意外な展開を見せる「悪魔、天国へ行く」、55年後の自分と2週間だけ入れ替わった男女が、驚愕の未来に当惑する「もどれ、過去へもどれ」など、その生涯にわたってSF界を驚かせ強い影響を与え続けてきた著者による、中期から晩年にかけて執筆された円熟の10篇を収録。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
496ページ
電子版発売日
2016年02月29日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB

「あまたの星、宝冠のごとく」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年12月28日

J•ティプトリーの宇宙人は相変わらず可愛らしく魅力的で、お話は少しブラック。
いや、自殺する少し前の作品らしいからブラック度はだいぶ増している。
それにしても各短篇のテーマは同じ人が書いたと思えないほどバラエティに富んでいて、宮部みゆきさんを思い出す

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月19日

2年ぶりのティプトリー作品は、装丁がこれまた印象的な「あまたの星、宝冠のごとく」。この作品、初訳にしてなんと2016年刊行。早川書房の創立70周年を記念する文庫企画「ハヤカワ文庫補完計画」の一環として発表されたようですが、没後30年を経過してなお読書を魅了し続けるティプトリーになんだか感動してしまっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月07日

邦題がやたらと格好良いことで有名なティプトリーの短編集。SFもの、寓話もの、ディストピアもの、神話ものが詰め込まれており、かなりバランスが良いと思う。

個人的に面白かったのは、自分自身が、過去~未来の自分自身と入れ替わることのできるタイムトラベルものの「もどれ、過去へ戻れ」と、地球を男性として愛し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月13日

SF。中短編集。
「いっしょに生きよう」は『SFマガジン700海外篇』で既読のためスルー。
SFっぽくない作品もいくつか。ガッツリSFのほうが好み。
良かったのは、ファーストコンタクトもの「アングリ降臨」と、残酷なタイムトラベルもの「もどれ、過去へもどれ」。
正直、「いっしょに生きよう」がベストで、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月08日

人間の業や生々しい現実を突きつけながら、時には冷たく、時には優しく、未来への絶望と希望を同時に感じせてくるSF短編集。特に「もどれ、過去へもどれ」と「いっしょに生きよう」が好き。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!