「白石一文」おすすめ作品一覧

  • 作者名:白石一文(シライシカズフミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1958年08月27日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

早稲田大学政治経済学部卒。『ほかならぬ人へ』で第142回直木賞を受賞。『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で第22回山本周五郎賞を受賞。その他『惑う朝』、『どれくらいの愛情』などの作品を手がける。父は直木賞作家の白石一郎。双子の弟も作家で白石文郎。初の親子二代での受賞。

作品一覧

2016/07/29更新

受賞作品

ユーザーレビュー

  • 永遠のとなり

    私、この作家さん好きです。
    うつ病ってそうなんだって、実感できる表現。がんを患うとそうなんだって胸に迫る表現。

    あとまだ何冊か購入済み。楽しみ。

    Posted by ブクログ

  • 光のない海

    白石一文の文体には独特の重さがあるが、本書も、次第に明かされる主人公の複雑な過去とあいまって、その重さが持つ緊張感が持続し、読み飽きることがなかった。内容的にも、主人公の上に次々と起きる事件や不思議な出来事が複雑に絡み合ってエンディングに収斂しており、読みごたえがある。

    主人公は、建材販売会社の先...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 永遠のとなり

    久し振りに「白石一文」さんです。
    何を読んでも、
    ズシン!
    と、
    何かが残るし考えさせられるので、
    ちょっと、
    自分が今「ぶれてるかも?」しれない。
    と、
    思ってる時にほど読みたい作家さんなんですね。

    解説を読むとあっさり書かれてます。
    主人公は青野精一郎で、
    早稲田に進んで趣味は絵を描くことだっ...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集