「片岡義男」おすすめ作品一覧

【片岡義男】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
頬よせてホノルル
無料
ラハイナまで来た理由
無料
波乗りの島
0円(税込)

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/26更新

ユーザーレビュー

  • ミッキーは谷中で六時三十分
    2016.12.23 「ミッキーは谷中で六時三十分」を読む。
    クリスマス企画「恋愛っぽい話をする」

    〜あらすじ〜
    ライターである主人公がひょんなことからバーの共同経営を持ちかけられ、バー店主の娘に挨拶をしに行くことに。ビリヤード台でキューを構えていたその娘と共に舞台は谷中へと移り、あれよあれよ、...続きを読む
  • この冬の私はあの蜜柑だ
    季刊誌「IN THE CiTY」に発表された短編集。

    片岡さんの作品は、夏のイメージがあります。
    そのせいなのか、冬号に掲載された作品でも季節は夏。
    しかし、書き下ろしの表題作はタイトルのとおり冬の物語。
    片岡さんの冬が読めてとてもうれしかった。
  • 木曜日を左に曲がる
    作家:片岡義男の好きな女性像が想像できる短編集。
    各短編にひとりずつの女性がモチーフとなっている。
    どの女性も自立していて、長身で、美しい清楚な人を想像させる。
    その女性を引き立てるのが、必ずそばにいる男性である。物語は主に、主人公らしい女性と引き立て役の男性で構成されているのだが、ふたりの会話が気...続きを読む
  • ミッキーは谷中で六時三十分
    片岡さんの本の登場人物のような生き方に憧れて久しい。
    もう無理だと悟った。登場人物が全員、自分より年下だったという衝撃的な事実に気づいたからだ。

    でも、カッコいいな。
  • 日本語と英語―その違いを楽しむ
    いやあ久し振りです。片岡さんの日本語と英語に関する本は洞察に満ちている。私もカードしています。電子カードになっちゃってるけど、また、紙に戻しますかね。英語を拾い易いように。

    それは内省の時
    応援も大きかった
    電話ではちょっと
    というのが大きいですね

    などなど楽しむ読物です。

特集