「帚木蓬生」おすすめ作品一覧

「帚木蓬生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/02更新

ユーザーレビュー

  • 蛍の航跡―軍医たちの黙示録―
    蠅の帝国の2冊目。
    開戦時に「負けるね」という連隊長があんまりにインパクトがあって、現場はそんなもんだったかーと思った。

    まぁそれが主題じゃない。
    この本は、ジャングルの中を彷徨するイメージが強い。

    阿部昭風に言えば、「戦中派の帰ってきた人たち」の声は、こうして話してくれれば掘り起こすことができ...続きを読む
  • 蠅の帝国―軍医たちの黙示録―
    ふと、本屋さんの本棚で見つけた。
    最初見つけたときは、またどうせ、ありきたりの体験談手記じゃいやだなぁと思って手に取ることもせず。
    これを世間では食わず嫌いという。

    いやはやふと思い立って急に買って、でもしばらく放置。
    そしてある日、急に読みたくなって読んだわけだが、よかった。読んでよかった、買っ...続きを読む
  • 悲素
    冒頭から引き込まれて一気に読んだ。実際に起きた和歌山カレー事件が題材。大学教授で医師でもある専門家の目線から事件を追っていく。他にも地下鉄サリン事件など、毒物の話がいろいろ出てくる。最初はなぜ他の話が出てくるのか不思議だったが、最後に理由が分かった。カレー事件には最後まで残った謎があり、主人公なりに...続きを読む
  • 賞の柩
    クライマックス どうなるんだろう。とだんだん面白くなってきた。
    巻いた種は、刈り取る時がくる。子供がどう育つか、親子関係が将来に影響する。
    2013年集英社刊行の解説 陣野俊史氏がその辺りを上手く解説してくれているように思う。
  • 臓器農場
    ミステリー好きになったきっかけの本。
    夜読み始めたら止まらなくなり、そのまま最後まで読んでしまった。
    内容も当時の自分には結構衝撃的だった。
    そのせいか、色々と印象に残っている。
    面白い本だと思う。

特集