ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力

ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力

作者名 :
通常価格 1,400円 (1,273円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

臨床40年の精神科医が、最も関心をもつネガティブ・ケイパビリティとは何か。せっかちに答えをもとめ、マニュアルに慣れた脳の弊害……教育、医療、介護でも注目されている、共感の成熟に寄り添う「負の力」について、初の著書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日選書
ページ数
264ページ
電子版発売日
2017年11月07日
紙の本の発売
2017年04月
サイズ(目安)
2MB

ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年06月04日

    ネガティブ・ケイパビリティと言う言葉を初めて知った。
    正解があるかも分からない問題に対して、拙速な理解や結論を求めずしばらく放っておく力であると理解した。究極的に平和維持にも。

    人間の脳は分からない状態を不安に感じ何らかの意味付けをするので、実際には難しい思考とも思える。

    ネガティブ・ケイパビリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月30日

    性急に答えを求める脳に抗い、答えの出ない状態にじっと耐える力がネガティブケイパビリティです。自分に欠けているもの、そして、このVUCAの時代に最も必要とされるものでは、と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月26日

    愛読書に上げていた人がいたので、読んでみた。結果、すごい良かった。

    この世の中答えの出ない事態がいっぱいあるが、急がす、焦らず、それに耐え、寄り添い、共感する事の大事さ。

    精神科医の立場と作家の立場から、ネガティブケイパビリティの概念、歴史を紐解き、有効性を説明している。

    途中シェークスピアや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    誰もが各人の悩みを抱えている。悩みはなかなか解決しない。時が経っても解決しない。でも、真正面からの逆風が、少し斜めからに変わったりして、深刻度が少しだけ軽くなる事もある。時間という薬は有難いし、この世に不変なものはないので、事態は変化していく。それでも、誰にも分かってもらえない悩みは、時間だけでは解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月02日

    精神科医であり、小説家である、帚木蓬生さんの著書。本のグループのでの紹介で知り手に取りました。ここんところ、毎晩、寝る前に読んでいて……たくさん付箋を貼っちゃいました。

    教育現場をはじめ、問題解決能力(ポジティブ・ケイパビリティ)が重視されがちな社会の中で。
    『どうしても解決しない時にも、持ちこた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月28日

    話題の図書。わけのわからない状況に耐え抜く力としてのネガティブケイパビリティと共感する力の関係性などを議論。個人的にはエンドルフィンとプラセボの関係がおもしろかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

     最近、よく考える事、子供達の自己中心的な言動、答えを求める大人。他者の言動を批判するあまり自分は何もせず、ただただ無責任に振る舞う人。そんな状況に何かできないか考えまだまだ答えを出せずに悶々としている…これで良いんだとわかっただけでもこの本を読んだ甲斐があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月24日

    詩人のキーツが書いた手紙にあった「ネガティブ・ケイパビリティ」の記載をもとに、精神科医である著者が、同じく精神科医であるビオン、シェイクスピア、紫式部など他の様々な人物や彼ら/彼女らの作品の解説を通じて、ネガティブ・ケイパビリティに関する解説を行っている。

    我々の脳が不確実性を嫌い、拙速な理解を望...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月28日

    崇高なもの、魂に触れるものというのは、ほとんど論理を超越した宙ぶらりんなところにあります。むしろ人生の本質はそこにあるような気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    今の世界は「問題解決能力の開発」に
    偏重していて、
    「ネガティブケイパビリティ(=どうにも答えの出ない事態に耐える能力)」の重要性が説かれていないのではないか、と筆者は指摘する。

    特に日本では、教育の段階で、課題設定とその解決方法ばかりを教えてしまっており、「世の中には簡単に解決できない問題で満ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

朝日選書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング