移された顔

移された顔

作者名 :
通常価格 1,144円 (1,040円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

交通事故によって脳死となった親友の顔が、大火傷を負った私の顔に移された。彼女の家族は、恋人は、私の親は、そして私は、これまでと同じように、暮らしていけるだろうか? 「顔移植」の可能性と抱える問題点について、医師であり作家である著者が、短編、戯曲、詳細な解説、と縦横無尽に語り尽くした類書なき作品集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
電子版発売日
2014年11月21日
紙の本の発売
2013年08月
サイズ(目安)
1MB

移された顔 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年09月20日

    顔移植について短編、戯曲、解説と3部構成になっています。


    短編では散弾銃で顔を撃たれ眼と鼻、頬
    上顎と上唇を失った女性のお話


    顔の中で残されたのは額、上瞼、下唇、左目のみ上の歯は
    すべて吹き飛ばされ口蓋もなく口で息ができないため
    喉に穴が開けられる。半年の間に受けた手術は25回
    頬を造るため...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月21日

    夫に猟銃で撃たれ顔を移植する妻の短編と、医師の婚約者の運転中事故で脳死になった友人から皮膚移植を受ける表題作は戯曲

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月19日

    映画『フェイス・オフ』もどきの医療が、これから増えていくのだろうなあ。
    医学の進歩は、未知の世界・・

    この著者の本は、コレが初めてで、こんな人がいたんだあ~と驚きです。
    東大文学部卒→TBS入社→退社後医学部へ→医者+小説家
    彼の頭の中、どうなってるんだろう・・

    もっと他の本も、ぜひ読んでみたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月10日

    『顔のない顔』『移された顔』の二編。
    表題作は著者初の戯曲である。

    『顔のない顔』アルコール依存症の夫に顔を奪われた「わたし」。
    人々の好奇と恐怖の目を弱った視力の中でぼんやりと捉えながら「わたし」は生きている。
    「モンスター」と幼い子は言った。
    「わたし」はそれを優しく諭す。

    顔の移植などとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年03月18日

    短編と戯曲。
    短編は主人公の強さに感動した。戯曲はやや感情移入し辛かったけど、目先が変わって面白い。
    手術シーンは生々しくてなかなかきつかった〜
    医療技術が発達しても、顔を移植するということには心理的に大きな負担がかかるんだなあ。自分だったら耐えられるかどうか。。
    「人」は「顔」。中身は関係ないとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年11月08日

    医療エッセイなのかなと思っていたら創作だった。
    夫の暴力で顔を失った女性の短編、事故で脳死状態の友人から顔をもらった看護師と青年医師とのロマンスあふれる戯曲。顔移植は現実化しているらしいが、臓器移植とは異なる心理的な拒絶があるのかも。

    着想はおもしろいが、やや凡庸なストーリーだった。
    顔を変える、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング