P.F.ドラッカーのレビュー一覧

  • マネジメント[エッセンシャル版]
    ・企業の根源的な公準として、現在の資源を不確かな未来に投入することがある。よってリスクは本源的なものであり、リスクを最小化するアプローチは間違っている。いかにリスクを見極め、何が起きうるかを明らかにすることで、正しくリスクを冒せるようにすることが本質→大三さんが言ってたこと
    ・スタッフ活動を長期の仕...続きを読む
  • マネジメント[エッセンシャル版]
    20年前の本ではあるが、未だに読み継がれている。

    記述内容はさらさらと頭に入るほど簡単ではないが、世に多く出ているマネジメントに関する種本となっているのは間違いなく、この本を正しく理解すると視野が一気に広がる。

    特に、この本で記述されている「公的機関の成果」「マネジャーとは何か」「マネジメントの...続きを読む
  • ドラッカー名言集仕事の哲学
    ドラッカーの名言が詰まっている。
    刺さる言葉がいくつもあった。

    ・仕事を生産的なものにするには、アウトプットを中心に考えろ
    ・起業家精神の定義は、変化を探し、変化に対応し、変化を機会として利用すること
    ・関係者全員に成果をもたらす関係であれば、失礼な言葉があっても人間関係を壊すことはない
    ・リーダ...続きを読む
  • プロフェッショナルの条件
    知的労働者として働く上での原則を学ぶ本
    仕事をしていく中でどういう心構えで腹炊くべきかを示している。
    組織の話、貢献の話、強みと時間の話、意思決定の話、自己実現の話がある

    組織の目的は専門知識を共同の目的に向けて結合すること
    組織は①変化のためのマネジメントを持つ②知識の開発③イノベーションの方法...続きを読む
  • プロフェッショナルの条件
    努力しても『並』にしかなれない分野にムダな時間を使わない

    強みに集中。

    今の自分と期待する自分との差を、素直に認めるしかない

    難しい。

    書かれていることをひとつひとつ自分にあてはめて試してみる

    その時間は楽しい。
  • ドラッカー名著集1 経営者の条件
    組織では成果を上げる事が大切だと考えさせられる本。

    ◆序章
    「成果を上げる8つの習慣」
    1.なされるべきことを考える
    2.組織のことを考える
    3.アクションプランをつくる
    4.意思決定を行う
    5.コミュニケーションを行う
    6.機会に焦点を合わせる
    7.会議の生産性を上げる
    8.「私は」ではなく「我...続きを読む
  • プロフェッショナルの条件
    ドラッカーからは多くのことを学べます。
    プロフェッショナルに、俺はなる!!ドン!ありったけ〜の〜夢を〜。
  • マネジメント[エッセンシャル版]
    原著は1975年に刊行された古典ながら、現代においてもなお与える学びは大きい名著。

    自分が所属する組織に対して漠然とした不満やモヤモヤを感じた時に読むと、いつも原点に立ち返るヒントを得られる本。
  • プロフェッショナルの条件
    なんのために働くのか?生きるのか?
    それは他者に貢献するため。
    ドラッカーのエッセンスが詰まっている。
  • プロフェッショナルの条件
    最後に知りましたが、ドラッカーの様々な名著の集合体でした。
    今の自分にとっては、「Part3自らをマネジメントする第3章時間を管理する」が、ものすごく染みました。
    きっと置かれた環境、その時の葛藤によって染みる章が違うのだと思うので、また何かあったら繰り返し読むようにしようと思いました。
  • われわれはいかに働き どう生きるべきか―――ドラッカーが語りかける毎日の心得、そしてハウツー
    岩田さんに教えていただいて読み始めた本。

    近所の本屋さんにはなくて、年末に文喫へ行ったときに出会えた!

    仕事をしていく上で、大切にしたいと思えることがたくさん載っていた。

    そして仕事で悩んでいたことについて考えるヒントがあった。

    きっとその時その時で引っかかる箇所は違うから、ずっと手元に置い...続きを読む
  • プロフェッショナルの条件
    しばらく本棚にあり続けた本書。2019年最後のこの時期、このタイミングで読んで非常に良かった。
    この『プロフェッショナルの条件』は組織よりは、主に個人の働き方、考え方等をフォーカス。何度と繰り返し語られる単純労働→知識が経済の中心となり、それはイノベーションに不可欠なものである。

    『社会、コミュニ...続きを読む
  • プロフェッショナルの条件
    タイトル通り、初めてドラッカー本を読んだが、7つの習慣を読んでこれまでの人生観がいい意味で大きく変わった時と同じかそれ以上の衝撃だった。これからも続くであろう忙しないサラリーマン生活の中で、大きな目的を見失わず、ちゃんとした大人として、社会に貢献するために必要なエッセンスが詰まっていると思う。節目節...続きを読む
  • ドラッカー名著集11 企業とは何か
    豊かな社会実現、存続のための企業、企業はその道具。そして、その企業の社会的役割を実現するのは、人、人間組織。
  • プロフェッショナルの条件
    この本は、バイブルとして定期的に読み返したい。なぜマネジメントが大切なのかを初歩から教えてくれる。社会人としてのマネジメントの話が多く、時間の使い方、思考、仕事の意義を学ぶことができた。「何によって覚えられたいのか?」を常に問いながら生きていこうと思う。
  • マネジメント[エッセンシャル版]
    エッセンシャル版としても出版後15年近く経っているが,現時点でも有効なマネジメントに関する使命や考え方,人・技能・組織といった方法,戦略などが簡潔かつ読みやすくまとめられており名著であると思う.
  • プロフェッショナルの原点
    1.時間をマネジメントする
    2.貢献に焦点を合わせる
    3.強みを生かす
    4.重要なことに集中する
    5.効果的な意思決定を行う

    WHATは真摯さのみ。あとはHOW。
    なすべきことを成し遂げることができるかどうか

    上司のマネジメント。
  • ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
    古い本なのに今でも通用する考え方なのはそれが時間を置いてもそう変わらない原則だからであろう
    文体がやや難しいこともあり一度読んだだけでは咀嚼しきれていない部分もあるので時間を置いてまた読みたい
  • マネジメント[エッセンシャル版]
    具体論が少ないので教科書的で分かりづらいが、汎化するとこうであるというまさに教科書

    主に心に残ったのは以下

    戦略計画
    戦略計画とは何か。それは、①リスクを伴う起業家的な意思決定を行い、②その実行に必要な活動を体系的に組織し、③それらの活動の成果を期待したものと比較測定するという連続したプロセスで...続きを読む
  • プロフェッショナルの原点
    「プロフェッショナル」とは何か?

    このシンプルな問いに、どれだけ自分の言葉でコメントをすることができるだろうか? 

    経営の神、ドラッカーがこの書籍の中で、彼の考える「プロフェッショナル」について、語ってくれている。

    誰もが、日々のやることに忙殺され、そもそも自分自身の夢って何なのか、自分がなす...続きを読む