「上田惇生」おすすめ作品一覧

「上田惇生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:上田惇生(ウエダアツオ)
  • 出身地:日本 / 埼玉県

慶應義塾大学経済学部卒。著作に『入門ドラッカー - 万人のための帝王学を求めて』などがある。また『経営者の条件』などの翻訳も手がける。ドラッカー氏の友人でもあり日本での分身とされてきた。ドラッカー学会の代表でもある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/22更新

ユーザーレビュー

  • マネジメント[エッセンシャル版]
    現代人として読んだほうがいい本
    どんな人であれ、琴線に響く内容だと思う。
    ビジネス書の範疇に収まらない、現代人としての生き方の一つについて方向性を示してくれている。
  • マネジメント[エッセンシャル版]
    有名なドラッカー本。マネジメントとは組織に成果を上げさせるための道具、機能、機関である、と説く。目的から有効な活用法、難しさなど、様々な角度からマネジメントについて書かれている。最初から最後までまったく無駄なページがなく、密度の濃さに驚くばかりだ。「もしドラ」の主人公ではないが、人事異動を機に、積ん...続きを読む
  • プロフェッショナルの条件
    「やがて歴史家は、20世紀最大のできごとは何だったということだろうか。
    (中略)私の答えは、人口革命である」。

    日本は今、歴史上経験したことがない(近代以降)人口減少の真っ只中にいます。
    2030年1億116万 16年比20%の減)、生産年齢の大幅な減少(15年で1300万減少)が起こります。
    ...続きを読む
  • マネジメント[エッセンシャル版]
    最初の「企業の定義」「事業とは何か」「企業の目標とは」の章のみ読みました。
    企業の定義がお客様に基づいて始まること、事業の目的はお客様を増やすこと(顧客の創造)、企業の目標は、「マーケティング」「イノベーション」「生産性」でいずれもお客様の望むモノ。
    つまり、「お客様第一」「お客様の立場に立って考...続きを読む
  • マネジメント[エッセンシャル版]
    5、6年前に読んだが、意味がわからなかった本。
    名著ということで、思いついて再読。
    マネジメントというものを経験したこともあり、前よりは理解ができた気がする。

    マネジメントの役割は、
    ・組織の本質を突き詰めて成果を出すこと
    ・人に成果を出してもらうように促すこと
    ・社会の発展に寄与すること
    といっ...続きを読む

特集