唯川恵の一覧

「唯川恵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:唯川恵(ユイカワケイ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1955年02月01日
  • 出身地:日本 / 石川県
  • 職業:作家

金沢女子短期大学(現金沢学院短期大学)卒。1984年『海色の午後』で集英社第3回コバルト・ノベル大賞を受賞し、作家デビュー。『肩ごしの恋人』で第126回直木賞受賞、TVドラマ化もされた。その他『天に堕ちる』、『ヴァニティ』などの作品を手がける。

作品一覧

2019/04/19更新

ユーザーレビュー

  • 霧町ロマンティカ
    この本を読見終える少し前に、友人の父親が亡くなったことを聞かされていた。あまりに突然の死に対し、友人は驚くほど普通の態度だった。そのことに私は戸惑っていた。

    人はいつか人生を終える。

    中年の50歳の主人公、岳夫は勤めていた会社のリストラに遭い、定年前に職も家族も失い独り身になってしまう。そこで訪...続きを読む
  • シフォンの風
    唯川恵さんらしいとても心地よい小説。
    解説の「唯川さんは変にストーリーをひねらない」
    という分にとても納得。
    最近、変にひねってばかりの本ばかりで疲れる。
    下手なくせにひねりたがる作家には唯川恵さんを
    少しでも見習ってもらいたいもんだ。
    まるで川の流れのようにさらさらと流れていく
    ストーリーがどれだ...続きを読む
  • 肩ごしの恋人
    身近にいたら、絶対に苦手で近づきたくない女性のるり子だけど、なぜか読んでいて気持ちがいい。こんな風に自分に正直に、そして前向きに生きていけたらいいのに。
    久々に気持ちが晴れやかになる本に出会えた気がする。
  • 永遠の途中
    わたし、他人を羨むこと多いなあ。

    人生は、他人と比べるものでもないし、幸福かどうかは人それぞれで、自分以外の誰にも分からない。

    自分の人生、他人と比べたりなんかしないで、自信を持って、大切に生きていこうと思う。
    わたしの今の人生を懸命に生きていこうと思う。
    その先にはきっと、自分でも納得できるよ...続きを読む
  • 淳子のてっぺん
    女性で初めてエベレストに登頂した田部井淳子さんをモデルにした小説ですが、田部井淳子さんの体験が基になっているのでエピソードのリアリティが凄かった。
    特に、女子登攀クラブを設立してアンナプルナIII峰に新ルートで挑むくだりが忘れられません。
    果敢な挑戦をしているのに、隊員同士の結束は高まるどころか登頂...続きを読む

特集