「小野寺史宜」おすすめ作品一覧

「小野寺史宜」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/22更新

ユーザーレビュー

  • 近いはずの人
    友達と行くと言っていた旅先の不慮の交通事故で妻が死んだ。
    しかし事故にあったタクシーには妻しか乗っていなかった。
    夫俊英の手元には、ロックのかかった妻のスマホが残されている。スマホには妻の秘密が隠されているのか。

    妻の死、ロックのかかったスマホ、ロック解除、妻の秘密。
    読みたいと思わされる気になる...続きを読む
  • 転がる空に雨は降らない
     交差したことに気が付かない。
     当然知っていて、次を求める。
     いいな。この展開。

     それにしても、普通に良い小説だった。時々ある破天荒な人間関係設定ではなく。
  • 転がる空に雨は降らない
    読売新聞H24年8月の小説月報で五つ星で紹介されていた。
    期待を裏切らない、しみじみとした後味の良い作品。
    交通事故の被害者と加害者。そしてその家族がたどる不幸。
    悲惨になりがちな内容を、二人のサッカー選手が、
    青空にボールを蹴るように前向きに生きていくことで
    希望につなげていく。
    ひたむきに一つの...続きを読む
  • 本日も教官なり
    自動車学校の教官、益子。
    妻と別れ、転職し、職場と自宅と行きつけのバーを回遊するような生活を送る45歳。

    ある日、別れた妻から電話がかかってくる。
    「美月が、娘が妊娠した」

    相手は誰?産むつもり?学校は?


    別れた元夫である自分に相談してくれた事実を嬉しく思いつつ、そして再び娘に会えたことを喜...続きを読む
  • 本日も教官なり
    さくさくさくっと読めました。
    高校2年の娘に子供ができたという
    なかなか大事件で始まったにもかかわらず、
    そこはすすすーっといくのです。

    それ以外も全部すすすーっといくのです。
    年末、読むにはもってこいでした。
    重い話はできれば読みたくないので。

    でも、しのさんという高齢者の方とのやりとりは
    ...続きを読む