ひりつく夜の音(新潮文庫)

ひりつく夜の音(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

46歳の下田保幸は、プロのジャズクラリネット奏者。演奏に全てを捧げた若い日の情熱は潮が引くように褪せ、いまは音楽教室講師の僅かな収入で過ごす。そんな暮らしがギタリストの青年・音矢との出会いで動き出す。どうしても困ったら下田を頼るよう、亡き母に言われたという音矢の名字は佐久間。下田が昔愛した女性と同じだった……。人生の折返し点で迷う大人たちの心をはげます感動作。(解説・北上次郎)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年03月20日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ひりつく夜の音(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月22日

    冷え切った心にじわりと火を灯すような。停滞と熱狂とその狭間にあるような。内へ内へと潜るようで外に向けて発散するような。とにかく良い物語に触れたという満足感。
    解説文の最後の三行に、泣かされる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    小野寺さんのこの感じが良いなぁ~。
    何も大きな出来事はないけれど、日々流れていく時間がいいなあと思う。
    最初から、それは息子でしょうと思う人物が登場するが、それを突き詰めるわけでもなく、お互いの世界を大事に接していく。昔の同級生の女性しかり。
    このあいまいな流れの中に人としての温かさを感じ、読後感が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    ちょうど46歳なので読んでみた。正直、46歳としての共感はなかった。ただ、このひとはおっさんの話を書いても良い人たちのお話になるのだなぁ、と思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月26日

    46歳独身の下田保幸がひょんな事から22歳の青年、佐久間音矢と出会う。
    .
    前半は下田の性格や暮らしぶりが丁寧に書かれている。
    .
    クラリネット奏者の下田は常日頃、節約生活に努めていて、節約ぶりに余念がない。
    .
    そして週に一度はファミレスで750円の朝食バイキングに行きたらふく食へ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月01日

    仕事も少なく、細々と暮らしてる46歳独身のプロのジャズクラリネット奏者が主人公。 
    良い意味で“親父の哀愁“が溢れている文体で描かれている日常。その日常とは変わり、演奏している描写は生き生きと楽しそう。

    “朝食怪獣にまた今日もなってる“
    レストランでのバイキングを朝食海賊と呼ぶ例えは個人的にハマっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    人生を諦めて、世捨て人のような生活を送っている主人公。読んでいて前半は苦しかった。しかし、人との関わりの中で光が見えてきてほっとしながら、音楽のことは詳しくないので、最後は’do you know what it means to miss New Orleans?’を聞きながら読み終えた。ミュージ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています