その愛の程度

その愛の程度

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

結婚して、離婚して、新しい人に恋をして、それでも「家族」は続いていく。2019年本屋大賞2位『ひと』で話題の俊英がおくる、新しい家族の物語。川遊びの最中、小学生の娘・菜月が友人の娘と溺れるのを見て、とっさに助けに飛び込んだ守彦。必死の想いで引きあげた腕の中には、菜月ではなく友人の娘がいた。「お父さんは菜月をたすけてくれなかったもん」その言葉を最後に、口をきいてくれなくなった血の繋がらない娘。七歳年上の妻ともすれ違いはじめ―――。困り果て、とりあえずの間と家を出る守彦だが、会社の後輩や、川遊びに来ていたシングルマザーとの何気ない会話の中で、娘と妻への本当の気持ちに気づかされていく。いつもあと一歩が踏み出せない、不器用な守彦の出す答えが心にしみる、新しい家族の物語。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年09月13日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

その愛の程度 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月21日

    7歳の娘を持つ7歳年上の女性と結婚した35歳の男性

    一人称で語られるが故に
    その本音と建前がはっきりわかる

    バカなやつだと思っても
    無難な言葉で返したり
    こんなやつだと思われたくないので
    言葉にしなかったり

    でも、多かれ少なかれ
    人間みんなこうなんだと思う
    面倒なことになりたくないので
    本心は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    小野寺史宜といえば物静かな男性主人公の日常がちょっとだけ揺らぐ話です。当然今回もそうです。
    主人公の豊永守彦が妻の連れ子との関係悪化をきっかけに離婚、それでも周囲の人々と表面的に関係を持ち続けた結果、「すべては愛の程度だ」と解脱したような内容。
    著者の作品にしては登場人物に特殊な人物が多く登場する。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています