近いはずの人

近いはずの人

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2019年本屋大賞2位『ひと』で話題の著者が贈る、死に別れた妻の本当の姿を探す物語。

突然、交通事故で妻が死んだ。
わずかな繋がりを求め、妻の携帯電話のロックを解こうと「0000」から打ち込みはじめる俊英。
しかし、ついに解いて目にしたのは、事故当日に妻と“8”という男が交わしたメールだった。

<19時前に着けると思います。待っててね、エミリン>
<エミリンは待ってます。お茶でも飲んで待ってます>

“8”とは誰か? 妻とはどういう関係だったのだろうか。
妻の姉や友人に会い、彼女の足跡を辿るうち、怒りや哀しみとは別の感情が頭をもたげ――。

残された夫は再起できるのか。感動が胸を満たす物語。


313ページのたったひと言に、あなたはきっと涙する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年01月15日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

近いはずの人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年04月22日

    言わなくてもいいこと、嘘ではない隠し事。
    知ってるつもりの近しい人。
    全てを知ってる訳じゃない。
    自分を100%知ってるとは誰にも思われたくないけど(自分のことも100%は知らないかも)自分も、近しい人のことをまるまる理解はできてないんだなー。それが悪いんじゃなくて、そういうものだと知ることが大事か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    星5つを付けるつもりはなかった。どこが強烈に良かった、ということでもない。

    だけど、後半はページをめくる手が止まらなくて、主人公以外の身近な登場人物たちはそれぞれに色々考えていて大人で、あぁこういう風に考える人もいるんだと素直に感じられた。

    北野俊英は妻の絵美を事故で亡くした。友人と旅行に出かけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月07日

    正直言って感動はなかったけど、主人公が一つ大きなヤマを乗り越えた気がします。片肘張らずに頑張ってるところが好印象。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月08日

    人は自分が知った話や、出来事で架空の物語や人を作ることができる。それは、良いことでも悪いことでもできてしまう。
    例えば奥さんと毎日一緒にいて年を重ねると、彼女の全てを知ったように錯覚する。こんな人だからこんなことはしないだろう。ここまでなら傷つかないだろうとか。
    その架空のイメージは、年を重ねること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    ①この本を選んだ理由
    著者に興味があるため


    ②あらすじ
    33歳の主人公の奥さんが事故で亡くなってしまう。
    奥さんが亡くなったあとに、一番身近にいた人なのに何も理解していなかった自分に気がついていく。


    ③心に残ったこと
    妻や親など一緒に住んでいても、長年ともに生きてきても、それでも知らないこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月23日

    文節=一文みたいな感じで淡々としているからササッと読めるかと思ったら、意外に時間がかかりました。この時間のかかり方は、ひょっとすると主人公が気持ちを整理する時間を私が共に過ごしたくなっていたからなのかもしれません。
    妻を事故で亡くし、しかもその事故というのがどうやら不倫相手と落ち合う温泉に向かう途中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月31日

    前に読んだこの著者の作品が前向きな物語で、そういう印象だったから、読み始めて「暗い始まりだな」と思ったけど、どこかでひっくりかえるものだと思い込んでいた。ら、始終暗かった(と私は感じた)もし自分がこの主人公だったらやりきれない。自分はこういう経験をしたことがないけど、人生の中で感じる不甲斐なさとか辛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月22日

    好みの文章だった。
    白黒で割り切れない複雑な感情、人物が淡々と描かれていたと思う。

    読み終わってからふと目に留まった「ウラスジ」には違和感。「感動が胸を満たす物語」というとちょっと違う気がする。
    さらに帯にも違和感。113ページのひとことに涙すると書かれていたが、そうじゃないんじゃない??

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年10月10日

    最後まで暗い感じだったけど立ち直って欲しい、まだ33歳という若さでこんな仕打ちにあってしまった彼に同情した。精神的に病んでも仕方がない状況で自分だったらどうなるか。亡くなった妻の浮気の真実はもう確かめようもない、相手が分かっただけでも少しはマシだったか。でもその相手が身内、義理の兄になるというのはま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年06月07日

    2021/6/7
    あとがきにあるように「感動が胸を満た」したのだろうか?
    いやー私にはわからん。宙ぶらりんだ。
    近いはずの妻でも知らない一面がある。死んでからそれを知る。
    打ちのめされて危うい時を過ごし、あがいて少し前を向く。
    そうだろうなと思う。感動はしない。
    ちょうどいいタイミングで諸々のしがら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング