山田詠美の一覧

「山田詠美」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/15更新

ユーザーレビュー

  • 晩年の子供
    完璧な短編集。どの話も忘れることのできない衝撃な内容になっている。子供の頃の夏休みは特別だったことを、ぼんやりと思い出させてくれる。
    私自身はこんなに晩年の子供ではなかった。
    でもなんとなくだけど、色々なことを、こうやって考えたことがあったんじゃないかな?
    子供の頃の夏を想うと、懐かしくて胸が痛む。...続きを読む
  • A2Z

    A2Zで当てはまる英単語をいちいち書いていたのは、ちょっと無理やり探した感があったけど、山田さんの恋とか愛とかの表現は、すごく好きだなあと思いました。

    「たった二十六文字で、関係の全てを描ける言語がある。それを思うと気が楽になる。」

    一行目から惹き込まれました。

    きちんと仕事をして、きちんと...続きを読む
  • 快楽の動詞
    手にとった時の薄さを裏切る、内容の濃さ。
    久々に「これは面白い」と感じながら読み進めました。

    個人的なお気に入りは、文体たちの話。
    文体の擬人化という発想はもちろん、軽快に進む擬人化達の会話に、ふふっと笑いながら読みました。
  • 賢者の愛
    直巳に出会う前の真里子は私のようで、出会った後の真里子は小田さんのよう。わたしも強い感情があれば小田さんのようになれるのかな。百合への不快感がすごい。文面だけでオエッてなっちゃう。「マユちゃんの言ってること、全然解んない」という幼少期の直巳に、「解りなさい」という真里子がいい女だった、わたしもいつか...続きを読む
  • 色彩の息子
    エイミーはいい女も病んだ女もウブな男の子も病んだ男の子も書き分けるからすごい。わたしも仔羊の塊を焼きたくなったし、大丈夫な理由として、「だって、詩人だろ?」って言われたい。