快楽の動詞

快楽の動詞

作者名 :
通常価格 437円 (398円+税)
紙の本 [参考] 440円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大分昔の話になるが、私の部屋に女友達とその恋人が泊まったことがある。私は、ひとりでベッドに寝て、彼らは、離れたところに布団を敷いて寝た。図々しくも、彼らは、私を無視して、こっそり性行為を始めたのだった(表題作より)。隠しても、もれ聞こえてくるぼそぼそ声は、ありふれた「いく」と「死ぬ」。でも、2人が文学的なロマンあふれる会話を交わしていたら、もっと薄気味悪かったはず。文学の中の性行為と実際の性行為はどう違う? 奔放で緻密な8篇の短篇小説。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
1997年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

快楽の動詞 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年05月13日

    「私はいく」=「私は恋人と寝床に入り幸福のきわみにまでのぼりつめ涙する」


    「いく」という言葉が、快楽の絶頂を表す言葉なのは、この年になればわかるけど、これって不思議だよね。



    同じように「死ぬ」という言葉も


    ポルノ小説になんかよく使われたりするし、実際使う場合もあるんだろうけど。


    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月04日

    ベッドの上の描写について、真面目に、メタ的に、エッセイ風に、しかも的確に論じていて結構面白かった。
    普通に山田さんの小説を読みたい人には合わないかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月27日

    性と文学が知りたければこの本を読むしかない

    特に快楽の動詞,ベッドの創作は考え深い。
    そっち知識がついてくると普段使っている会話や言葉の中にもなんとまあ卑猥な別の意味があるのだろうと思うがそれをエッセイとして考察した本なんて他にあるだろうか。

    私は前から官能小説と官能的なシーンが多く書かれている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月07日

    技術がすんばらしい。
    山田詠美さんは本当に文学を書ける人なのだと思います。たまにしょうもないのもあるけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月15日

    ビジネス上、市場動向や消費者心理を統計数値で語るのと同じように、言葉が持つイメージ、いわゆる概念的なものを活字で表現した本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2009/7/2,3

    これも同じく知人の方から譲り受けた本です。
    題名で「おおお〜!!」という興奮と期待をあげさせられました。
    これは結構おもしろかった。
    短編集のようになっているのですが、1つ1つ話がとても独特の世界観を持っており、と同時に誰しも頭のどこかで思っている"人間が使う言語&...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    言葉についての考察が小説じたてで描かれていて面白かった。日本語を考察することはそのまま日本独自のものの考え方をうきあがらせる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月19日

    文章が堅く、少々慣れていないと読み辛い感じはしましたが、けっこう面白かったです。

    言葉の与える印象、
    文体、文学が主体となったお話など。

    文学について学んでいる方には、
    よいテーマなのではないかと思いました。(私は教育系だったので、あまり詳しくはありませんので、あくまでも主観です)

    同じ状況を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月29日

    カテゴリ的には随筆なのでしょうか。言葉についての考察を小説風に仕立てた小話という印象。そういう細工をするよりは、素直に読みたかったなあ。この方の言葉づかい大好きだもの。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ほほう、小説家はこういうこと考えて文章作ってるのか・・・。と。前より動詞や文体のことを考えて本読むようになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています