メビウス・レター

メビウス・レター

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

男子高校生が謎の焼身自殺を遂げた。数年後、作家・阿坂龍一郎宛てに事件の真相を追跡した手紙が、次々と送りつけられる。なぜ阿坂のもとに? そして差出人の正体は? 阿坂は人妻のストーカーに付け狙われ、担当編集者は何者かに殺害された。すべてがひっくり返る驚愕の結末とは!? 傑作長編ミステリー。(講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
347ページ
電子版発売日
2013年08月30日
サイズ(目安)
1MB

メビウス・レター のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月30日

    入り組み絡み合った真相。
    登場人物が少なくて、結末は終盤に予想が出来てしまったのが残念。
    半分くらい読んだところで、物語の鍵となる部分も予想できてしまう。。。

    ただ、終盤で一度夢オチならぬ、書落ちを挟むのだけれど、その部分にはエンターテイメント性というか、読者を楽しませる工夫を感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月25日

    これは、アレな叙述トリックだろうなと目星はついたものの、入れ子式にあれやこれやと目まぐるしく転向展開し、あっと驚く大団円?!過去からの手紙が紡ぐ犯罪のメビウスの輪。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月16日

    過去から届く謎の手紙。
    主人公がなにがしかの罪を犯していることは、早々にほのめかされているけれど、実はこの手紙は本当に、実験的な青春小説でした、というオチが用意されているのではないかとか、勘ぐってしまった。

    読み進めながら、犯人をいろいろ推理してははぐらかされるという、王道の推理小説。
    しかし、後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月12日

    ちょっと昔っぽいし、トリッキーすぎて好みではないかも。でも、途中から俄然面白くなって、ついつい引っ張られて読んじゃいましたね~w

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月29日

    長編ミステリ
    なかなか面白かったと思ったを覚えています^^

    解説が愛川晶さんで 個人的にこういう解説なら解説というものも好きですね (^^)
    良解説だと思います

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月31日

    作家、阿坂龍一郎の元に届く今はもうどこにもいないキミへと宛てられた手紙は葬り去ったはずの過去の事件が書かれていて、阿坂ををじわじわと追い詰めていきます。
    その手紙は謎の焼身自殺を遂げた男子高校生へと向けた手紙なのです。
    どうしてそんな手紙が阿坂の元に届くのか、手紙を出している者は何者なのかという謎...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月12日

    捨てたはずの過去から届く手紙が主人公をじわじわ追い詰める。
    それに加え編集者が殺され、人妻のストーカーが周辺を徘徊し・・・
    やっぱりこの方の書く物語は面白いです。
    つくづく惜しい人を亡くしました。。。

    本作の文体を模写をして、読後感想。
    ねぇ、キミ、どうしてそんなに足早に居なくなってしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    北森鴻のかなり初期の作品。
    「冬狐堂」シリーズや「香菜里屋」シリーズとは、全く違う本格ミステリー。
    過去から送られてくる手紙を元に、主人公が高校時代に経験したクラスメイトの死の真相にせまっていく過程が、かなり巧妙に描かれている。
    主人公を除く登場人物のテンションが異様に高く、最初は違和感たっぷりだっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月04日

    ぐるんぐるんに騙される。やたら売れてるので読んでみた。普段飛ばし読みをしてる身には、ちょっとツライ。そこが心地よかったりもする。『飛ばし』が出来ない。『飛ばし』たら物語を見失いかねない…。久しぶりにミステリーに浸った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月26日

    久しぶりに本屋で衝動買いした1冊。
    初めて読む作家さんです。

    「あまりにもトリッキー過ぎて、出版の話が一度ボツになった」
    という解説のとおり、犯人像が2転3転してくれます。
    きっとこうに違いない!
    な〜んて推理しながら読んでいたら、見事にハメられました(笑)。
    最初と最後の動機が弱い気もするけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています