「汀こるもの」おすすめ作品一覧

「汀こるもの」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/02更新

ユーザーレビュー

  • レベル96少女、不穏な夏休み
    88の妖怪を使役する黒縁眼鏡の中学生・出屋敷市子の物語第4弾。短編4つ。


    『"地獄の釜の蓋が開く"とは"鬼だって盆は休む"という意味である』
    市子とその友人たちが遊園地に行ってジェットコースターやコーヒーカップとかで楽しんで、最後にミラーハウスに入ったら別次元の空間に捕らわれてしまう。が、市子の...続きを読む
  • もしかして彼女はレベル97
    88の妖怪を使役する黒縁眼鏡の中学生・出屋敷市子の物語第3弾。短編3つと中編1つ(66p,52p,28p,107p)。


    「大人気ない大人には敵わない」
    市子の親戚で前作の甲斐田尚暉の師匠にあたる女性・禁野いかが、が、市子にケンカをふっかけ霊能バトルして史郎坊を人質にとる。
    その目的は10年以上疎...続きを読む
  • 動機未ダ不明 完全犯罪研究部
    匠くんが二代目バケツマンの称号を古賀くんから受け継ぎ、頭だけでも守ってやる発言がとても男前でした。

    最後の方の彼はとても生き生きとしてて好きです。
  • レベル98少女の傾向と対策
    88の妖怪を使役する黒縁眼鏡の中学生・出屋敷市子の物語第2弾。短編4つと中編1つ。
    新キャラ↓
    元警官で鞍馬天狗見習いでピストルとか銃器全般の達人・雀。
    鶴岡八幡宮の鳩で弓矢の使い手・サブレ。

    「人間の権利とは」
    中学校の課外授業で登山をしていた市子のもとに地元の狸が挨拶に来て怪物退治を依頼される...続きを読む
  • フォークの先、希望の後 THANATOS
    ナンセンスだって言うのは、それでも人は何事にも意味を見出したいからなんだと思う。

    生きるも死ぬも人次第。
    自分から死にに行かなくても死はやってくるもんだし、そのために生きてるようなもの。

    理不尽なことが積み重なってどうしようもない時。分かれ道が目の前に選んだ時。
    それが必ずしも正解を導くわけでは...続きを読む