【感想・ネタバレ】メビウス・レターのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年10月30日

入り組み絡み合った真相。
登場人物が少なくて、結末は終盤に予想が出来てしまったのが残念。
半分くらい読んだところで、物語の鍵となる部分も予想できてしまう。。。

ただ、終盤で一度夢オチならぬ、書落ちを挟むのだけれど、その部分にはエンターテイメント性というか、読者を楽しませる工夫を感じました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月28日

作家、阿坂龍一郎のもとへ、ある日、奇妙な留守番電話のメッセージとともに、一通の手紙が届いた。
一通だけに終わらずその後も届く手紙には数年前に焼身自殺を遂げた男子高校生の死の真相が語られていた。
なぜ今頃?なぜ阿坂のもとに?
過去に追い立てられるように落ち着かぬ日々を送る阿坂の周辺で殺人事件が起きて…...続きを読む

*****

声を変えての留守番電話、そして、差出人不明の手紙…出だしから不気味。
出てくる人物たちも何だか少し奇妙な部分があったりと、ハラハラしながら読み進める。
編集者やストーカー女性といった、物語の中でも“日常”に存在するひとたちがちらりと見せる“狂気”の部分。
怖かった。
主人公?阿坂が手紙になぜおびえるのか、そのあたりの謎も徐々に分かってくるのだけれど、途中何度か「えっ」となりながら。
最後に明かされる謎に「えぇっ」と驚く。

男子高校生の自殺の謎。

阿坂の抱える謎。

その他のひとたちの謎。

様々な謎が交錯する。

『冬狐堂シリーズ』にも登場する根岸&四阿(あずまや)コンビに会えるのは嬉しかった。

*****

北森さんが亡くなってから、私は作品を読み始めました。
現在になって、少しずつ読んでいる読者としては新作が今後出版されないことはとても寂しいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月25日

これは、アレな叙述トリックだろうなと目星はついたものの、入れ子式にあれやこれやと目まぐるしく転向展開し、あっと驚く大団円?!過去からの手紙が紡ぐ犯罪のメビウスの輪。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月16日

過去から届く謎の手紙。
主人公がなにがしかの罪を犯していることは、早々にほのめかされているけれど、実はこの手紙は本当に、実験的な青春小説でした、というオチが用意されているのではないかとか、勘ぐってしまった。

読み進めながら、犯人をいろいろ推理してははぐらかされるという、王道の推理小説。
しかし、後...続きを読む半、いきなり自分が立っている天地がぐるんとひっくり返る。
ぐるん、ぐるんが何度も。
そうか、これがメビウス小説なんだ!
面白かったです。

ただ、若桜妙子は気味が悪かったなあ…
こんな感じの人、いろんなイベントで見かけますよね、ここまで狂気でないにしても。
有名人は大変です。
しかし、この作品の登場人物は、狂気に取りつかれた人が多い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月12日

ちょっと昔っぽいし、トリッキーすぎて好みではないかも。でも、途中から俄然面白くなって、ついつい引っ張られて読んじゃいましたね~w

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月15日

ある作家のもとに届いた不思議な手紙、それは高校を舞台にしたある過去の事件をめぐる告白だった…。登場人物たちが、どのように過去の事件にかかわっているのかわからないまま、過去と現在が錯綜し、新たな事件が起き、物語は混迷を増していきます。わかりづらくはあるのですが、逆にその複雑さがタイトル通りメビウスの輪...続きを読むに入り込んだような感覚にさせてくれます。
北森さんは山口県出身の作家さんということで読み始めましたが、独自の世界観があってお気に入りです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月29日

長編ミステリ
なかなか面白かったと思ったを覚えています^^

解説が愛川晶さんで 個人的にこういう解説なら解説というものも好きですね (^^)
良解説だと思います

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月31日

作家、阿坂龍一郎の元に届く今はもうどこにもいないキミへと宛てられた手紙は葬り去ったはずの過去の事件が書かれていて、阿坂ををじわじわと追い詰めていきます。
その手紙は謎の焼身自殺を遂げた男子高校生へと向けた手紙なのです。
どうしてそんな手紙が阿坂の元に届くのか、手紙を出している者は何者なのかという謎...続きを読むが終始纏わり付いていました。
さらにそれに加えて阿坂の周辺を人妻のストーカーが徘徊します。
こういう人間怖いです。
そんな中、阿坂の周りで殺人事件が起きます。
手紙の中のボクの正体と手紙を出していた者の正体には驚きました。
そして、阿坂の正体にも驚かされます。
いろんな事に驚かされる作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年06月12日

捨てたはずの過去から届く手紙が主人公をじわじわ追い詰める。
それに加え編集者が殺され、人妻のストーカーが周辺を徘徊し・・・
やっぱりこの方の書く物語は面白いです。
つくづく惜しい人を亡くしました。。。

本作の文体を模写をして、読後感想。
ねぇ、キミ、どうしてそんなに足早に居なくなってしま...続きを読むったんだい?
こんなにもすばらしく悲しい物語を紡ぎだして読者を魅了しておいてサ。
阿坂が酒に溺れる姿がどうしてもキミに重なってしまって切なかったよ。
飲まずにはいられないくらい何に追い詰められていたんだい?
そこまで追い詰めてしまったのが僕らなのだとしたら、僕たちは罪びとだ。
ごめんよ、キミ。
そしてありがとう。
これからもずっと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

北森鴻のかなり初期の作品。
「冬狐堂」シリーズや「香菜里屋」シリーズとは、全く違う本格ミステリー。
過去から送られてくる手紙を元に、主人公が高校時代に経験したクラスメイトの死の真相にせまっていく過程が、かなり巧妙に描かれている。
主人公を除く登場人物のテンションが異様に高く、最初は違和感たっぷりだっ...続きを読むたが、先の展開が読めないことの方に気を取られ、最後までワクワクしながら楽しめる、なかなか貴重な作品。
私も知人に勧められて読んだが、確かにオススメ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月04日

ぐるんぐるんに騙される。やたら売れてるので読んでみた。普段飛ばし読みをしてる身には、ちょっとツライ。そこが心地よかったりもする。『飛ばし』が出来ない。『飛ばし』たら物語を見失いかねない…。久しぶりにミステリーに浸った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月26日

久しぶりに本屋で衝動買いした1冊。
初めて読む作家さんです。

「あまりにもトリッキー過ぎて、出版の話が一度ボツになった」
という解説のとおり、犯人像が2転3転してくれます。
きっとこうに違いない!
な〜んて推理しながら読んでいたら、見事にハメられました(笑)。
最初と最後の動機が弱い気もするけど、...続きを読むそれなりに楽しませて
もらえたので、他の作品も読んでみたいな、と思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月07日

随分と時間がかかってしまった。プロットが練られ過ぎていてかえって分かりづらくこんがらがってしまう。なんとか全てに理由付けがされるのだがそれも理屈っぽい。おそらく、ストーリーというよりも、読者に読ませる力が不足しているように思う。感情移入が殆ど出来ず、説明文を読んでいるよう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月06日

叙述トリックが駆使された作品。「読者を驚かす」ことを主眼として書かれていると考えられる。まさに驚愕の真相と言える構成だが,その分,リアリティに乏しいという欠点は否めない。
阿坂龍一郎という作家が女性であるという叙述トリックは見抜く人が多そうだが,多くの人は,小椋という音楽教師が阿坂龍一郎になったと考...続きを読むえるはず。しかし,真相は,その上を行き,阿坂の正体は,手紙で「キミ」と書かれている少年の母親だった。
烏丸芳江という人物こそが小椋という音楽教師である。手紙に書かれている「僕」という一人称の正体が「夏川麻美」であり,夏川麻美は,阿坂龍一郎に殺害され,埋められている。時制のトリックまで仕掛けられており,探偵に人探しを依頼したのは,烏丸芳江=小椋であり,探偵に探してもらったのは,阿坂龍一郎だった。
全くリアリティがない作品だが,読者サービスを考えてできた驚愕の真相と思える。北森鴻の作品では,売れている作品ということで,こういう作品は結構好きな人も多いのだろう。評論家受けは悪そうだけど…。個人的にはとても好きな作品。★4をあげたい。

○ 阿阪龍一郎
 小説家。正体は,「キミ」の母親。若狭妙子と烏丸芳江(小椋)を殺害する。
○ 野島克明
 編集者。殺害される。
○ 若狭妙子
 阿阪龍一郎の隣人。阿坂のファン。
○ 烏丸芳江
 阿阪の秘書。正体は小椋。
○ 沢渡卓也
 「キミ」の友人。
○ 四阿
 刑事
○ 根岸
 刑事
○ 若狭伊知郎 
 若狭妙子の夫。阿坂を殺害しようとする。
○ 小椋
 音楽教師。
○ 小島正
 「ぼく」に「キミ」の描いた絵の写真を贈る。殺害される。
○ 玉置朋生
 探偵。人探しを依頼される。
○ 西村早苗
 探偵。玉置と一緒に,人探しを依頼される。
○ 三島
 体育教師
○ 夏川麻美
 「キミ」にあこがれる少女。「僕」の正体。阿坂に殺害される。
○ 秋吉恵美
 漫画家。若狭妙子に殺害される。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月27日

届くはずのない過去からの手紙は、誰から、誰に向けたメッセージなのか。徐々にあぶり出されていく罪とは。こねくり回し過ぎてる感はあるものの、とにかく巧緻なミステリー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月24日

溝の口の古本屋で買った一冊。
北森鴻の初期の作品。著者お得意の歴史や民俗ものではなく、ライトミステリーといった趣。でも、かなり凝った内容で作りはトリッキー。軽く読めるけど、甘く見ると騙される。

軽薄なところが全くなく、どんな作品にも品がある。
やっぱりこの作家は好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月24日

作家の元に送られてくる、過去にとある高校で起きた殺人事件を巡る手紙。作家を取り巻く編集者やマンション住人のストーカー。探偵事務所に依頼された人探し。様々な事件が絡み合ったその先には…。ある一定の部分までは読者もすぐに予測ができるもののその先の真相のどんでん返し具合には、びっくりさせられる。叙述トリッ...続きを読むク的な部分は、ちょっとわざとらしい感じもしたけれどこれはしょうがないことなのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月11日

あらすじ:
男子高校生が焼死した。謎が残るものの事件は自殺として扱われていた。しかしその数年後、作家・阿坂龍一郎は不可解な手紙を受け取る。内容は――焼死事件の真相に迫る「過去からの手紙」だった。次々に届けられる手紙に恐怖する阿坂は、秘書の眼を盗み、読み進める。それ以外にも、編集者の死、近所の女のスト...続きを読むーカー行為に悩まさる。魔の手は阿坂を絡め取ろうとしているのか――。

「犯人」が「誰」かを当てるのは難しいだろうが、素直に読み進めれば「犯人」の目星は結構簡単につくだろう。真相までの幾層にも折り重なるウウェハースのような仕掛けの数々は、さすが北森鴻といったところだ。

結構素直に書いてあるから、阿坂の隠したがっている謎とそのための措置、そして「手紙」についても全く驚かなかったんだけど、解説を見ると、当時の編集さんはかなり敏感になっていた模様。個人的には問題なく本格なんだけどナ。おそらく後者が問題になったんだと思うけど、全く問題ないですよね文学的に。ええと納得いかない人はセンター試験の国語の過去問題をあさってみようか。

このタイプの仕掛けはそもそも何作か読んでいれば、めったなことでは読者をだませない。数をこなせばすぐにピーンとくる。だからこそ「めったなこと」を起こすには、作者の文章力が重要だ。面白ければ面白いほど読者は夢中になって読み進め、ページを捲る手が止まらず、推理よりも物語を楽しむことに専念するんだから。
その点、この作品は惜しいんだよなあ。でもここから、あの「狐闇」なんかを生み出すくらいの巧さを身に付けるんだから北森鴻は只者じゃない。ええと好きな作家の成長を垣間見るのはファンにとってはマニアックな楽しみです(笑)。

近所の奥さんの描写は凄い。好きなアイドルやタレントのまねをする人って実際にいるし、行き過ぎると第三者から見ると不気味に映る。その描写が見事なの! ああ、こういう人いるよきっといるよ、と怖くなってしまった。部屋の趣味まで徹底していて、文面から迫力や執着が伝わった。
ちょっと得心がいかないのが、阿坂とあの人の「秘密」。いくらあんなことがあったとはいえここまでしてしまう程になるのだろうか? それも何年も。もう少し説得力がある何かが欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月30日

―――男子高校生が謎の焼身自殺を遂げた。
数年後、作家・阿坂龍一郎宛てに事件の真相を追跡した手紙が、次々と送りつけられる。
なぜ阿坂のもとに?そして差出人の正体は?
阿坂は人妻のストーカーに付け狙われ、担当編集者は何者かに殺害された。
すべてがひっくり返る驚愕の結末とは!?傑作長編ミステリー...続きを読む


表紙買い、というか帯のあおり買い笑”

『すべてがひっくり返る』ほどじゃなく、ある程度予想はついたけど
「ほー」ってなった

いわゆる叙述トリックってやつかね
なにも気にせぜう読んだらキレイにだまされると思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月09日

出た当時はなかなか衝撃的なような気がするが、今この時期に読むと普通ですね。
もっと早くに読めば良かった。

このレビューは参考になりましたか?