「北森鴻」おすすめ作品一覧

「北森鴻」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/03更新

ユーザーレビュー

  • 親不孝通りラプソディー
    これだけゴテゴテと色々なネタを突っ込んでるのに、あっさりと読めて、混乱しないのはさすが。最後もきっちり落ちてるし。
    かも・ねぎコンビ、まだまだ読みたかった。早いよ、北森さん。
  • 天鬼越―蓮丈那智フィールドファイルV―
    浅野里沙子さんが引き継いた蓮丈那智は、これまでの蓮丈那智と確かに違うけれど、それでもこうして私たち読者の前に現れてくれたことが心底嬉しい。心からの感謝を。

    日本で最も美しく、凛々しく、聡明な民俗学者の最後のフィールドワークの記録。これを読み終えたら本当に最後になってしまう。そう思うとなかなか読み進...続きを読む
  • 暁の密使(小学館文庫)
    同作者の『狐闇』や蓮丈那智フィールドファイルで再三出てくる税所コレクションと三角縁神獣鏡。明治の国際パワーゲームに勝つ為にチベットに南朝を復活させようという計画の為に偽造された、八咫烏が映し出される魔鏡版三角縁神獣鏡、その三角縁神獣鏡がチベットへ旅するのが本書『暁の密使』
    歴史的な真偽はさておき、大...続きを読む
  • 邪馬台―蓮丈那智フィールドファイルIV―
    これぞ北森民俗学の集大成というべき作品だと思います。オールスターキャストが集結して最大の謎に挑む構成、阿久仁村遺聞という途轍もなく凝った文書を創作する想像力、テーマの大きさなど文句のつけようがない。
    筆者が替わった後はそれぞれのキャラクターから魅力的な毒が抜けて物足りない気がしますが、それよりこの作...続きを読む
  • 凶笑面―蓮丈那智フィールドファイルI―
    現代日本で最も凛々しく美しく、頭のきれる女性研究者だろう。三國の苦労する姿も狐目の教務課も女旗師も、それぞれのキャラクターが立体的で好ましく思う。

特集