蜻蛉始末

蜻蛉始末

作者名 :
通常価格 815円 (741円+税)
紙の本 [参考] 848円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

光と影の宿命を負った二人の男。歴史ミステリー

明治12年、政商藤田傳三郎は贋札事件の容疑で捕縛された。維新前後の激動の世で、宿命を負った二人の男の友情と別離、対決を描く

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2015年02月27日
紙の本の発売
2004年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

蜻蛉始末 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年05月23日

    藤田組贋札事件って・・・ヤクザの話かと思ってました~( ̄▽ ̄;)  歴史小説だったのか~・・・って、いやいや、これがまた、めっちゃ面白くてですね!一気読みでした!!んもう、こういう小説って、めっちゃ好き♪ 四の五の言わずに、さっさと手に取って、お読みになることをお勧めします!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

     北森鴻の中で一番好きな作品です。

     題材になった藤田組の偽札偽造疑惑なんて歴史があることも知りませんでしたが、維新の有名人も裏で糸引いているしで、けっこう大きな疑獄事件みたいです。
    北森さんは山口出身なので、この長州出身の財界の豪傑特別な思い入れがあったんじゃないしょうか。 
     偽札を偽造する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月17日

    長州藩というものは、幕末期を描いた小説、ドラマなどで見聞きしているが、長州藩を主体としたものは一つもみた事がなかったので、ある意味新鮮でありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月02日

    作者としては珍しい本格時代長篇。やっぱり上手いじゃん。 藤田組贋札事件は「警視庁草紙」にも出てきたエピソードだが、 藤田伝三郎自身はそんな魅力的な人物ではない。 しかし、そこに宇三郎という魅力的な人物を 狂言回しとして配したことにとてもセンスを感じる(山本周五郎の「さぶ」を思い出した。そして「山風が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月30日

    正直言って、中盤までは読むのが辛かった…。ただ、「最後まで読まなきゃ面白さが分からない。」と言われて読み始めたので、意地になって読んでました。ある所でそれまでの話しが収束し、「ああ、やられた。。。」と思う事請け合い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月09日

    藤田伝三郎のことは全然知らなかったけど、小説として面白かった。
    愚直で一途だった宇三郎が何故?って冒頭に示される結末に向かう、傍から見ると狂気、本人の中では正当な論理に従う心の動きに引き込まれる。
    それが実は影だけではなく光も…。価値観を他者に求める人は怖い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月05日

    歴史小説・時代小説が好きな人にはおススメ!
    幕末から明治という動乱の時代に生きた商人とその幼馴染の交流と離別、そして裏切りなどを描いた人間ドラマが中軸となるのだが、そこに政治的な皺苦などが絡まり、複雑な展開を繰り広げるのだが、北森鴻はやっぱり話を書くのが巧い! 登場人物たちの愛嬌ある性格が、物語を活...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年10月15日

    ≪内容覚書≫
    贋札事件の容疑で逮捕された藤田傳三郎。
    身に覚えのない傳三郎だったが、
    贋札に「蜻蛉」が印刷されていると聞き、黙秘を貫く。

    果たして、「蜻蛉」に、どんな物語が、秘められているのか。

    ≪感想≫
    読み応えのある歴史小説だった。
    藤田傳三郎や贋札事件については一切知らなかったが、
    十分に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年01月21日

     「暁英 贋説・鹿鳴館」にて絶賛されていたので再読してみる。

     幕末から明治にかけての傳三郎と宇三郎という2人の男を中心に光と影を描いた……だそうなんだけども、いまいち物語の筋が弱い。そもそもある程度その時代の歴史を知らないと、とっつきにくくすら感じてしまうかもしれないと思った。

     宇三郎は、よ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています