冥府神(アヌビス)の産声

冥府神(アヌビス)の産声

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新宿中央公園で、帝都大学の教授・吉井原義(よしいみなよし)が刺殺された! 医学界のリーダーがなぜ!? ルポライター・相馬研一郎は、吉井の研究室を去った男を追う。その男・九条昭彦は新宿の浮浪者街にいた。彼を慕う不思議な少女・トウトとともに……。九条が以前行った禁断の実験とは? 瀕死の吉井がとった不可解な行動の意味は? ――鮎川哲也賞受賞者による衝撃作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2021年05月07日
サイズ(目安)
1MB

冥府神(アヌビス)の産声 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    面白いのにそこまでは売れてない北森先生の文庫新刊(再版かも)
    最近流行?の医学系ミステリだが、この人は医学関係者ではなく
    すべて取材で書いているというわりには描写にリアリティがある
    その一方でミステリとして面白いかというと…
    二時間ドラマのような設定があったり、ホラー的だったり
    その一方で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    人間立場が変わると考え主張も変わるんだなと再確認させられた。
    浮浪者になった少女の正体?!というか、そんなものが知りたいなぁと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング