なぜ絵版師に頼まなかったのか

なぜ絵版師に頼まなかったのか

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

葛城冬馬、13歳。明治元年生まれの髷頭の少年は、東京大學医学部教授・ベルツ宅の給仕として働くことになった。古式ゆかしき日本と日本酒をこよなく愛する教授は、比類無き名探偵でもあった。米国人水夫殺害事件、活き人形が歩き出す怪事……数々の難事件を、冬馬の調査をもとに鮮やかに解決してゆく。史実を絶妙に織り交ぜながら綴る、傑作ミステリー!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年08月22日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2012年05月24日

 明治時代、東大の教授ベルツのもとで働くことになった少年が遭遇するミステリー。

 も、古き良き時代満載で、ほのぼのいたします。
 が、富国強兵で戦争に向かっていく日本の影みたいなものもしっかりある。その陰影がしぶかった。

 ともあれ、ベルツの人物像が素敵。
 こよなく日本を愛し、人を愛し、人生を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月13日

このタイミングでこの本を読み終わる。ざわつく。心だけでなく、場の空気が、時代が。だから、大丈夫って、そう思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月10日

天涯孤独となった十三歳の少年・葛城冬馬。明治元年生まれ。
東京大学医学部教授・ベルツ宅の給仕として働くことになった彼が
奇怪な事件に遭遇・解決していく短編集。
各話で少しずつ成長し、最終話では二十二歳の医学生になっている冬馬と、
反対に少しずつ老いの兆しが見え始めるベルツ先生になんとも言えない
寂寥...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月28日

明治時代、いいなぁ。実在の人物に重ねて物語を紡ぐなんて、すごく自由な発想。そんで、面白い。面白いよ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月26日

〇 概要
 明治政府に招かれた雇われ外国人の一人,エルウィン・フォン・ベルツのもとで給仕として働き始めた葛城冬馬の成長と,冬馬とベルツが遭遇した事件が描かれた短編ミステリ。

〇 総合評価 ★★★☆☆
 小説巧者の北森鴻らしく,5つの短編のそれぞれが,史実と虚構をおりまぜ,読み応えのある作品になって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play