メイン・ディッシュ

メイン・ディッシュ

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小劇団「紅神楽」を主宰する女優・紅林ユリエの恋人で同居人のミケさんは料理の達人にして名探偵。どんなに難しい事件でも、とびきりの料理を作りながら、見事に解決してくれる。でも、そんなミケさん自身にも、誰にも明かせない秘密が……。ユーモラスで、ちょっとビターなミステリ連作集。スペシャル・メニューを召し上がれ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2015年03月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

メイン・ディッシュ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    久々の再読。
    北森さんにはまった記念すべき一冊。
    何度読んでも面白い。

    どこかミステリアスで、料理の腕前がピカイチのミケさん。
    ぶっ飛んだ性格の劇団の座付き作家小杉。
    アネゴのねこさん。
    みんな魅力的。

    挿入される別視点の短編はどう関わるのか。

    あの人の正体は、本格ミステリなら反則気味だけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月26日

    短編連作の味わいが深い作品。一篇ずつ読む時の日常系ミステリーのおもしろさと、伏線回収のダイナミックさがとても好きです。
    謎が溶けても、何度でも読み返したくなるストーリーやキャラクターの魅力があります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月14日

    かなりの爽快感。かなりの満足感。
    北森作品を読みはじめて、通算6作品目。
    今までで一番に踊り出ました。傑作と言っても過言では無い気がする。
    …自信無いけど(笑)
    こう、読んでいて頭の中でビジュアル化できるくらい、世界観やら、キャラクターがきちってしている気がします。 こうなると、私はかなりの虜状態(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月07日

    小劇団「紅神楽」を主催する女優・紅林ユリエと彼女の同居人で料理の達人である三津池修が巻き込まれた事件──殺人事件もあれば、劇団内の座つき作者・小杉隆一が途中投げ出してしまったミステリーの台本の動機をゴールに導く話もある──を解き明かすという内容です。連作短編集と思いきや一つ一つの短編を順番に読んでい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月07日

    ミケさんと香菜里屋の工藤さんが微妙に被ってしまうけど、内容はこちらのほうが面白かった。長身だけど猫のような男の人ってちょっと想像するのも難しい。

    絡繰り、時に嘘がたくさん仕込まれているので、作者の妖術にかかって思い込まされてしまう。謎が溶けた‥‥というかフェイクが明るみに出た時に、なるほど!騙され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月24日

    お料理×ミステリはやっぱり面白い。

    舌では料理を、頭では謎解きを味わう。何とも忙しい、そして至福の時間だった。
    各ストーリーは順にコース料理が運ばれてくる感覚。
    しかも読み進めるごとに謎が拡がる、メインに向けて豪華さが増しミケさんの謎、存在等奥深い味わいも増してくる感じがたまらない。

    ユリエさん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月11日

    短編ぽい連作短編ぽい長編小説。ラスト一行まで楽しませていただきました!非常にサービス精神を感じる小説。ご都合主義ではなくサービス精神(笑)そういう意味の★5つ。あれこれオチを想像して楽しかった。
    料理もおいしそう。自分で作れそうなのはハムカツとオムレツのホットサンドくらいかしら。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月02日

    読んでてお腹が鳴りそうな、美味しそうな話。
    内容も綿密に計算され尽くされた連作短編。久々に美味しいミステリごちそうさまでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月25日

    「蛍坂」のなかの『双貌』が大掛かりで複雑になったような。
    作中作だったり、実名の小説だったり、正体の入れ替えだったり…
    読んでいて複雑で、どれが実態で、どれが虚像なのか分からなくなってくる。
    なんだか鏡地獄。
    しかし、楽しく読めるのは、ユリエと小杉のボケ突っ込みコンビのテンポの良い会話と、ミケさんの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月11日

    20140911 連作短編なのに、あれ?と思わせるところが巧妙。全体でまとまってくるのでつい最後まで離せなくなってしまった。良い店で美味しいごちそうをいただいた満足感が残った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

メイン・ディッシュ に関連する特集・キャンペーン