孔雀狂想曲

孔雀狂想曲

作者名 :
通常価格 486円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京は下北沢の片隅にある骨董品屋・雅蘭堂。店主の腰名集治は実は相当の目利きなのだが、商売はそれほど上手くない。おかげでいつも開店休業状態。それでも、ひとたび人々の記憶や思いのこもった骨董品をめぐって事件が起きると、抜群の鑑定眼と推理力で謎に挑む。ベトナム・ジッポー、鉱物標本の孔雀石、江戸切子――様々なモノと謎が今日も雅蘭堂を訪れる……。傑作ミステリ連作集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2015年03月06日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年03月06日

読みはじめて感じたことと
読み終えて感じたことが全く違った

「そうか!そこを読ませたかったのか!」

と、感じる作品でした。
そういえば表紙もそうだしね、物語の展開に気をとられて
読ませたい部分が読めてなかった
もう一度読んでみようとおもいました

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月11日

雅蘭堂・・・いやー、最高じゃないですかっ!!香菜里屋、蓮丈那智、冬狐堂
と読んで来ましたが・・・ふふ、北森作品、次は何を読もうかな~っと♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月09日

面白かった!と素直に思える作品でした。古道具屋さんの話なのです。私は古道具というものに当時はあまり興味もなく、どんなもんなのかもよくわからなかったですが、古いものには思い入れや曰くつきがいっぱいあって、それが巡り巡って…というストーリーパターンにどっぷりハマりました(笑)。高校生のバイトの子が好きで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月03日

個人的に北森鴻の最高傑作に認定。冬狐堂シリーズの「狐闇」と最高の座を争っているのだが、とにかく「巧み」さと古道具への愛にあふれてる、大人の本だ。本当に巧み!上手い!!
年をとればとるほどこの物語をより一層楽しむだろう、と予想できる。逆に若い世代はこの本を楽しむにはまだ早い。この深さを理解するには高校...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年11月12日

短編集。
骨董品屋雅蘭堂を舞台に骨董品をめぐって事件が起こる。
相当な鑑定眼がある店主が抜群の推理力で事件を解いていく。
冬狐堂で出てきた市も出てきてなんだか繋がりを感じておもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています