「折原一」おすすめ作品一覧

「折原一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:折原一(オリハライチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年11月16日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部卒。1988年『五つの棺』でデビュー。『沈黙の教室』で第48回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。『冤罪者』、『異人たちの館』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/05更新

ユーザーレビュー

  • 倒錯のロンド
    これは面白かったですね。好物の叙述トリックで、そのジャンルの第一人者の本作。筆者の作品は初体験だったけど、楽しませてもらえました。第三者の存在にはうっすら気付いていたけど、細かいトリックまではやっぱり分かりませんでした。という訳で、最後の種明かしには結局驚かされました。電車の中で盗まれるところとか、...続きを読む
  • 冤罪者
    ストーリーやトリックはとても面白かったのですが、とにかく性描写や登場人物がことごとく気持ち悪いです。
    主人公も全然善い人じゃないし、「冤罪者」に至っては、結局極悪犯罪者でしたしね…
  • 誘拐者
    やっぱり最後のどんでん返しが面白い!
    こうなるか、この女は実はこいつか?と推理しながら読むも全部裏切られる。
  • グランドマンション
    ブレない人だなと思う。デビュー作以来殆どの作品を読んでいると思うのだが、叙述トリックを書き続けるということで一貫している。これだけ続けているとネタが尽きそうなものだけれど、本作を読むと、ますますさえわたっているという印象を受ける。建物を使ったトリックは筆者がよく使うパターンだと思うのだが、発想が変わ...続きを読む
  • 冤罪者
    コレはすごかった。冤罪者ってタイトルだけに どこかで騙されてる、と自覚しながらよんでいたのに 騙され方が衝撃すぎ。
    後半は伏線をつなごうと必死に読んだけど どう読んでも糸が切れてしまう感じ。じれったく,ハラハラし、そうして折原ワールドに引きずられていきました。タイトルに騙されて社会派を期待しないで下...続きを読む

特集