折原一の一覧

「折原一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:折原一(オリハライチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年11月16日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部卒。1988年『五つの棺』でデビュー。『沈黙の教室』で第48回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。『冤罪者』、『異人たちの館』など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2019/02/08更新

ユーザーレビュー

  • 異人たちの館
    600ぺージ超の大作ですが飽きることなく一気に読めました。 これは叙述トリックの名作といえるのではないでしょうか。 幾重にも張り巡らされる騙し絵の応酬が、最後に語られる真実へと向かう読者の方向感覚を狂わせ続けます。 異様な館の不気味さは綾辻行人の館シリーズとか好きな方にも合うでしょう。 折原一作品入...続きを読む
  • 異人たちの館
    叙述トリックとして有名な折原さんのイメージですが、見事にストーリーの中に溶け込んでいました。
    後半はもう何がなんだか分からない感じでした。

    伝記とインタビュー形式は、斬新で読みやすかったです。
    1人目の異人に関しては大体あたりはついていましたが、モノローグの当事者が誰かわかった時には鳥肌立ちました...続きを読む
  • 倒錯のロンド
    これは面白かったですね。好物の叙述トリックで、そのジャンルの第一人者の本作。筆者の作品は初体験だったけど、楽しませてもらえました。第三者の存在にはうっすら気付いていたけど、細かいトリックまではやっぱり分かりませんでした。という訳で、最後の種明かしには結局驚かされました。電車の中で盗まれるところとか、...続きを読む
  • 冤罪者
    ストーリーやトリックはとても面白かったのですが、とにかく性描写や登場人物がことごとく気持ち悪いです。
    主人公も全然善い人じゃないし、「冤罪者」に至っては、結局極悪犯罪者でしたしね…
  • 誘拐者
    やっぱり最後のどんでん返しが面白い!
    こうなるか、この女は実はこいつか?と推理しながら読むも全部裏切られる。