漂流者

漂流者

作者名 :
通常価格 921円 (838円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

折原一の傑作群「――者」シリーズ、今回の舞台は“洋上の密室”だ。妻と担当編集者の3人でダイビングに出かけた人気推理作家、風間春樹。潜水中の事故で助けを求めたが、不倫関係にあった2人に見捨てられる。風間は流れ着いた島から自力で無人ヨットに辿り着いたが――。航海日誌、口述テープ、新聞記事等に仕組まれた恐るべき騙しのプロット。衝撃のエピローグまで一気読み必至!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
――者シリーズ
電子版発売日
2013年12月06日
紙の本の発売
2011年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

漂流者 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年07月26日

    アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』やニコラス・ブレイク『野獣死すべし』を思わせる展開。というか、明らかに2作品を意識しているかもしれない。
    こういう海洋復讐ミステリはいいですなあ。それにしても、太平洋を漂流する描写が迫真的でこわい。夏に読んだら最適かも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月23日

    一気読みしたから緊張感のあるサスペンスとしては面白いけど...
    湯川と三田村が入れ替わっていた、と明かされた時に「え、それだけ??」となってしまった。
    はっきり言って予想できてしまう。
    折原一の得意技である複雑なプロットや叙述トリックを期待していただけに残念。

    ただ、折原一さんも叙述トリックがある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月23日

    舞台は、四方に陸地の見えない海のど真ん中。それだけで不安感が増し、酷く船酔いしたような気分になる。
    復讐×復讐といった怨恨渦巻くドロッドロの感情とサバイバル。が、文章は乾いており、どこかアッケラカンとしている。古典名作ミステリが構想の背景にあるとのこと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    潜水中の事故で不倫関係の妻と編集者に見捨てられた推理作家が身一つで泳ぎ漂流し、娘を轢き逃げされた復讐後の漂流夫婦と合流し、生還後は船上で同乗者達が姿の見えない作家に次々殺されていく。錯綜してもわかりづらくはなく、出来事の絡み合いで紡がれる犯人の謎や遭難サバイバルさや海の神秘疑惑に引き込まれた。充実。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月26日

    最初のほうは面白かったのだけど、誰が犯人か考えているうちにどんどん頭がこんがらがってきて、そこにきてのどんでん返し。ああ、やっぱりそうなの…という感じで終わってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月24日

    もの凄く久しぶりの折原一作品でした。
    この作中作とか手記とか、目まぐるしく
    変わる視点とか折原作品っぽくて
    懐かしかったスw。
    どう読んでも勘ぐるしかない文章や
    構成は面白いんだけど疲れるんですよねー。
    もう後半のてんこしゃんこの攻防線を
    読む頃にはクッタクタですw。

    肝心の犯人探しという点でいく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年09月02日

    –––者シリーズ。流石の叙述トリックでしたな!まさか三田村夫妻と湯原とその愛人が入れ替わっていたなんて・・。漂流生活の描写もよく書けていたし、面白かったなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年10月01日

    頭がこんがらがりそうなプロットだが謎が謎を呼び最後まで一気に読んでしまった。

    夫婦になりすましたのはすぐに気づいてしまったがそれでも事件の全体像を把握するのは難しく最後にまとめてあったのを読んでようやく掴めた。

    しかし湯原の愛人が妻を殺そうとしたのはよく分からない。そのまま逃亡すればいいだけだっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年06月03日

    仕事で船は女性名詞だと知っていたのに。
    最後の最後までわからなかった。

    復讐は好きじゃないけど、このミステリーには暗くならずに引き込まれた。
    ---
    妻と担当編集者の三人でダイビングに出かけた人気推理作家、風間春樹。潜水中の事故で助けを求めたが、不倫関係にあった二人に見捨てられる。風間は流れ着いた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月24日

    状況を野球に例える場面があるが、それに倣って感想を書くと、10回裏7-6で1点ビハインド、2アウト1塁、カウント3ボールナッシングから、1塁ファールフライ打っちゃったみたいな感じ。
    ごちゃごちゃしてるけど面白い展開だったんだけどなぁ・・。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漂流者 に関連する特集・キャンペーン