鬼面(おにつら)村の殺人 新装版~黒星警部シリーズ1~

鬼面(おにつら)村の殺人 新装版~黒星警部シリーズ1~

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

埼玉県・白岡警察署の黒星光警部は、休暇に白川郷へと足を延ばした。しかし、ひょんなことからその奥にある鬼面村に行くこととなり、事件に巻き込まれる。合掌造りの家が一夜で消え、次々に起こる奇怪な事件の裏に隠された真相に、推理小説好きの黒星が挑む。“助手”葉山虹子の活躍も見物。著者の大幅加筆修正のうえ、新装版で新たに登場。名シリーズ第1弾。

ジャンル
出版社
光文社
電子版発売日
2018年06月22日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

鬼面(おにつら)村の殺人 新装版~黒星警部シリーズ1~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月05日

    大幅に加筆修正された新装版。オリジナルは30年近く前に読んでいて、内容は忘れていたので初読みの感じで読めた。
    叙述トリックの名手である折原さんの、もう一つの顔はユーモアミステリ作家。それの代表がこの黒星警部シリーズで、第一長編である本作からもうドタバタ度全開。一作の中で何回気絶するんだ?(^-^)
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月10日

    終盤に来るまで、正直イマイチかなって思ってました。
    結構な大どんでん返し!!とりあえず次に期待します。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています