異人たちの館
  • ptバック

異人たちの館

作者名 :
通常価格 1,223円 (1,112円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

495pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

著者の初期最高傑作が復活!

8歳で児童文学賞を受賞し天才少年と呼ばれた小松原淳は、なぜ富士の樹海に消えたのか? 母親の依頼で淳の伝記を書くことになった作家志望の島崎は、膨大な資料を読み、関係者に取材して淳の人生に迫るが、やがて不気味な“異人”の影が彼の周辺に出没するようになり……。

解説・小池啓介

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
624ページ
電子版発売日
2016年11月25日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

異人たちの館 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    匿名 2020年12月19日

    わあ~面白かった~! 夢中になって読みました。なかなかのボリュームでしたが、一気読み!! 折原ワールドはやっぱり楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月02日

    600ぺージ超の大作ですが飽きることなく一気に読めました。 これは叙述トリックの名作といえるのではないでしょうか。 幾重にも張り巡らされる騙し絵の応酬が、最後に語られる真実へと向かう読者の方向感覚を狂わせ続けます。 異様な館の不気味さは綾辻行人の館シリーズとか好きな方にも合うでしょう。 折原一作品入...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    期待していなかっただけに面白かった。かなり凝っていると思った(年譜、インタビュー、小説中小説、モノローグの組合せ)
    失踪した息子の伝記を作り、自費出版したいというスタート自体非現実的と思ったが、請け負ったゴーストライターの島崎とその息子の小松原淳、その二人の両母親(メインは小松原の方だが···)、小...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    サスペンスとしては間違いなく一級品であり、著者が得意とする、短編小説や日記を挟み込む形式の多重文体も存分に発揮されている。

    しかし、折原一の作品ということで、自分は後半での叙述トリックによるどんでん返しを期待しすぎていたのかもしれない。

    この作品にも確かに叙述トリックは使われているが、驚きはあま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    地元の素敵な書店員さん激推しの本だったので読みました。

    だいぶ昔の本だけど、のめり込んで読みました。

    ミステリーはドキドキするから苦手だけど
    やっぱり面白い。
    夜に読んだら眠れなくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    樹海で行方不明になった小松原淳の伝記を書いて欲しいとゴースライター島崎順一の元に依頼が。伝記のための取材をしていく中で不可解な事件の数々、不審な影。島崎はゴーストライティングの中で何に出会うのか。
    折原一さんの作品は初めてでしたが、読みやすさと伏線回収の数々、そして叙述トリックの爽快さが良かったです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    2018年本屋大賞発掘部門「超発掘本!
    樋口麻衣さんは、この本を読んで欲しくて書店員になったという。
    こんなもの、面白くないわけがないということで
    読み進めた訳でありますが
    本当に面白くないことはなかったと言うところです。

    なかなかの分厚さをもつ本でしたが
    メインストーリー、インタビュー、モノロー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    叙述ミステリーといわれる作品を初めて読みました。
    随所で伏線が散らばれており、読みながら前のページに戻ったりなどしておりました。
    年表があったため、とてもわかりやすく
    最後にはそういうことか。なっていました。
    各所で鳥肌を立たせながら、ボリューミーな作品ながら読みやすさがあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

    読み応え抜群(ページ数がすごい)。
    個人的に折原さんの叙述ミステリは大好きなのと、小松原淳がどういう生涯だったのか気になって一気読み。
    ある程度予想つくところもあれば、結構意外だった部分もあったし、作中作もあふれていて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月29日

    「殺戮にいたる病」から叙述トリックにハマり、この「異人たちの館」がオススメにあったから読んでみました。
    面白くてすごい短時間で読み終えたけど、騙された〜って感覚はあんまりなかった気がします。
    多分これは叙述トリックだって構えて読んでたからかなと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています