異人たちの館

異人たちの館

作者名 :
通常価格 1,200円 (税込)
紙の本 [参考] 1,296円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

著者の初期最高傑作が復活!

8歳で児童文学賞を受賞し天才少年と呼ばれた小松原淳は、なぜ富士の樹海に消えたのか? 母親の依頼で淳の伝記を書くことになった作家志望の島崎は、膨大な資料を読み、関係者に取材して淳の人生に迫るが、やがて不気味な“異人”の影が彼の周辺に出没するようになり……。

解説・小池啓介

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
624ページ
電子版発売日
2016年11月25日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月29日

叙述トリックとして有名な折原さんのイメージですが、見事にストーリーの中に溶け込んでいました。
後半はもう何がなんだか分からない感じでした。

伝記とインタビュー形式は、斬新で読みやすかったです。
1人目の異人に関しては大体あたりはついていましたが、モノローグの当事者が誰かわかった時には鳥肌立ちました...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月07日

2018年発掘部門「超発掘本!」

多重文体による傑作。
不思議な作品。
次がどうなるのか気になって気になって
622ページを一気読み。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月20日

本屋大賞の発掘本とやらで絶賛されていたので読んでみたら大当たり。何とも壮大なミステリー。読み応え抜群。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月08日

よく練られた複雑で難しいミステリー。
頭を整理しながら、何度かページを戻りながらようやく読み終えた。
でも、詳細なところまで理解できたとは思わない。
面白い本だが、それ以上に疲れたという印象。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月12日

久々の折原作品(九作目)でワクワクして読み始めたんだけど…う、うーん、どうだったんだろ?期待していた程ではなかったかなぁ^^; 異人の正体は勿論のこと、主人公より前に取材に来ている謎の女性、淳とユキの関係、展開等々、どれも良かったとは思うんだけど…うーん、素直に面白かったと言えないのは何で?別につま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play