螺旋館の奇想

螺旋館の奇想

作者名 :
通常価格 565円 (514円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ミステリ界の大御所が、秩父の山荘で10年ぶりの新作執筆に取りかかっていた。タイトルは『螺旋館の殺人』、本格推理ものだ。ある日、作家志望の若い女性が自らの作品を手に訪ねて来る。その後の原稿紛失、盗作疑惑……奇妙な事件の果てに待つものは? 折原ミステリの原点である精緻な多重トリックが冴えに冴える!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2013年12月06日
紙の本の発売
2005年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

螺旋館の奇想 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月26日

    「倒錯」シリーズの番外編。同じ登場人物が出てくるので、その意味でもおもしろい。どんでん返しの連続。満足である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月24日

    これ読んだことあるっけ?とデジャヴュが沸き起こるのがこの作者の特徴で、発行年月を見たら読んだことないのがようやくわかった。

    最後の最後変なオチに持って行ってしまい、普通に締めてよかった気がする。仕掛けそのものは毎度のごとく気をはらっているため、満足するものだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月02日

    ミステリー界の大御所が、秩父の山荘で、十年ぶりの新作執筆に取りかかる。
    タイトルは「螺旋館の殺人」、本格推理ものだ。
    ある日、作家志望の若い女性が自らの作品を手に訪ねて来る。その後の原稿紛失、盗作疑惑…奇妙な事件の果てに待つものは?


    のっけから毒舌で、ファンの方には大変申し訳ないのだけれど、基本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月19日

    折原さんの物語を読んでいるといつも途中で考えてしまうことがある。
    私はもう折原さんの仕掛けにハマってしまってるのではないか?
    いまはこんなふうに見えている物語も、最後にはまったく違う光景に見えてきてしまうのでは?と。
    最初から懐疑的な見方をして読むのはどうかと思うけれど、折原作品に対してだけは条件反...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年09月14日

    盗作のロンド?確かに姉妹本な感じがしました。
    最後にいっぱい煙に巻かれたような。要するに自主出版?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年09月13日

    折原一らしく,叙述トリックがしこまれているが,入り組んだ真相というほどではなく,比較的分かりやすい構成になっている。第一部として書かれている「螺旋館の殺人」も、第二部として書かれている「盗作のロンド」のいずれも,若い頃に小説家を目指した田宮老人が自費出版として出した本の内容だという構成。最後の最後に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています