毒殺者

毒殺者

作者名 :
通常価格 763円 (694円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

妻に五千万円の保険金をかけたMの殺人は、大成功のはずだった。だが、謎の脅迫者の電話に悩まされることになる。一方、五千万円の保険金をかけられた妻は、夫の行動に不信感をもった。もしかして……。どんでん返しに次ぐどんでん返し。実際の事件に想を得た「――者」シリーズの原点となった『仮面劇』を改訂改題して復刊!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
386ページ
電子版発売日
2014年12月19日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

毒殺者 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年01月02日

    『倒錯の帰結』に続き、折原作品五作目。今作は実際の事件をモチーフにした「──者」シリーズ最初の作品です。いや~どんでん返しに次ぐどんでん返しでした!流石は“叙述使い“の折原氏w こうゆう事件(犯罪者)が大好きな私としては楽しめました(^^ この「──者」シリーズは順番に読んでいきたいなぁと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月08日

    この「○○者」シリーズ、他にも読みたくなった。

    叙述トリックってわかってるせいで、最初からいろいろと疑って読んでしまうなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月17日

     妻に保険金をかけて毒殺した男。
     完全犯罪になるかと思われたが、謎の脅迫者に悩まされることになる。

     ってことで、実際に起こった事件に想を得た「○○者」シリーズ。
     昔の「仮面劇」を改訂改題して復刊だそうですよ。

     なので、初期作品といわばそうなんだろう。
     でもって、今の折原一を読んでる身と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月03日

    初めは普通の保険金殺人ミステリー。しかし、途中から何このカオス。夫がいなくなったマンションに義母と義弟、義妹がおしかけ監禁状態。さらに偽の夫が現れ、あわや殺されそうに。大どんでん返しに驚かされるが、義弟と偽夫のわいせつ行為はやりすぎでは。
    ずっと既読感あってどうやら2回読んでしまった。なのに結論忘れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

毒殺者 に関連する特集・キャンペーン