「ウィリアム・シェイクスピア」おすすめ作品一覧

「ウィリアム・シェイクスピア」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/08更新

ユーザーレビュー

  • マクベス
    再読。訳がこなれていて楽しい感じで読むことができた。作品そのものもなるほどマクベスかという感じ。人の中の悪についての作品。面白かったです。
  • リア王
    シェイクスピアといえば、泣く子も黙る世界最高峰の文学者の一人だが、「リア王」はその中でも四大悲劇の一つとして名高い。残りの三つはいうまでもなく、「ハムレット」「オセロウ」「マクベス」だ。

    「リア王」は4大悲劇の最後を飾る作品で、黒澤明監督の「乱」では、日本の戦国時代を舞台に映画化された。

    ストー...続きを読む
  • ハムレット
    初シェイクスピアで衝撃を受けました。
    こんな綺麗な言回しができるのか、と息を飲んだ数述べ30以上。笑っちまうぜ
  • リア王 ─まんがで読破─
    まんがで読破を読破するシリーズ。
    何気にこれが人生初のシェイクスピア。
    兄弟の争いは醜い。
    権力者に忖度して、言うべきことを言わないのは真の側近ではない。
    教訓は多い。
    それにしても、こんなに悲惨な話なのに、どん底の先には希望が待っているっていう最後のメッセージはスゴイな。
  • 新訳 リチャード三世
    池袋にて、舞台リチャード三世を観ての記録。本は未読。

    自分が王になるために、周囲の人間を次々と冷酷無比に殺していく悪人を演じるのは、佐々木蔵之介。彼の見事な演技に心底圧倒された。
    鍛え上げられた肉体、それを駆使した演技と台詞まわし。つい先日までNHKの朝ドラで見ていたシェフと同一人物とは思えないほ...続きを読む

特集