「ウィリアム・シェイクスピア」おすすめ作品一覧

【ウィリアム・シェイクスピア】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/24更新

ハムレット
550円(税込)
ロミオとジュリエット
アントニーとクレオパトラ
ウィンザーの陽気な女房たち
お気に召すまま
432円(税込)
じゃじゃ馬ならし
432円(税込)
じゃじゃ馬ならし・空騒ぎ
十二夜
432円(税込)
十二夜
432円(税込)

ユーザーレビュー

  • ハムレット ――シェイクスピア全集(1)

    とても有名な作品だけど「シェイクスピアの四大悲劇」「デンマークの復讐劇」「to be or not ti be」ぐらいしか知らなかった。ので読みました。
    こんなにたくさんの人が死ぬんだねぇ。死ななくてもいい人まで死んで、それがそのあとの伏線かなぁ、と思ったら、やっぱりそうで。セリフは詩的で難解。でも...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • ハムレット ――シェイクスピア全集(1)

    どれだけ難解なんだろうと恐れていたが、よく分からない記述はあるものの、非常に読みやすい翻訳で一気に読み切ってしまった。コンパクトにまとまっているという印象がある。言葉をつむぐだけで、このようなハムレットや他の人物たちを浮かび上がらせる技量はさすがと思わせるものであった。とても面白かった。

    Posted by ブクログ

  • マクベス

    邪な野心、運命と自由意志、あるいは血統へのコンプレックスなどを考えるときにヒントとなりそうな言葉が散りばめられている。訳者・福田恆存の解題もおもしろい。

    “男にふさわしいことなら、何でもやってのけよう、それも度が過ぎれば、もう男ではない、人間ではない” p34

    “王とは名ばかり、それもいつ自分の...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集