マクベス

マクベス

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「ヘエエエイ、マクベース!」荒野で三人の魔女から呼びかけられた闘将マクベス。やがては王になるとの予言どおり、ひたすら血塗られた裏切りと栄達への道を突き進む。王の座を手中におさめたマクベスの勝利はゆるがぬはずだった、バーナムの森が動かないかぎりは……。シェイクスピアの不滅の四大悲劇の一つであり、「舞台で生きる言葉」にこだわり練り上げた演劇の人・安西徹雄、最後の訳業。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社古典新訳文庫
電子版発売日
2013年12月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

マクベス のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月18日

    再読。訳がこなれていて楽しい感じで読むことができた。作品そのものもなるほどマクベスかという感じ。人の中の悪についての作品。面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月14日

    有名であるゆえに、引用等されることも少なくないマクベス。
    名作と呼ばれる理由がわかった気がしました。

    読んでいるうち、心惹かれる台詞がいくらでも出てくるので、読み終える頃には付箋でいっぱいになっていました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月04日

    初シェイクスピア。一度は読んでおこうということで挑戦。「きれいはきたない、きたないはきれい」の部分の訳は少し独特なものになっている。個人的には「きれい〜」の方が好きかも。魔女が出てくるなど、意外とファンタジー的な表現があるのが面白い。手をいくら洗っても血の汚れが落ちない、というよく見られる表現はこの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月07日

    マクベスはある日、魔女に「やがては王様に、おなりになる方」と予言されます。その言葉により、マクベスは破滅へとおびきよせられてしまったように感じました。
    夫人に毒気がないと言われたマクベスですが、夫人の勇気を出させるような言葉に影響を受け、自らの手でスコットランド王ダンカンを殺害してしまいます。そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月20日

    海外文学を久しぶりに面白いと思った。マクベスのことを助けられる人がいたらもっと違った世界になっていたのではないかなと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月06日

    ヘエエエエイ、マクベース!
    これが光文社安西訳。新潮福田訳だと、マクベス、ようもどられた!となる。(たしか)
    翻訳という行為は、非常に不思議なものだなぁ。ということを初めて思ったかもしれない。読み比べとかしてみようかしら。英語なら原文も読めるかなぁ。
    表現も面白く読み込みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月19日

    伊坂幸太郎『あるキング』をきっかけに、これまで読んでなかった『マクベス』に手を出してみた。
    新訳だからなのか何なのか、3人の魔女のテンションの高さが異常に印象に残る一冊でした。
    「ヘェェェェェイ、マクベース」
    「ヘェェェェェイ、マクベース」
    「ヘェェェェェェイ、マクベース」
    みたいな。

    あと、マク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月16日

    シェイクスピアのマクベスを以前読んだのはもうずいぶん昔のこと。たぶん小学生ぐらい。当時はお伽噺、童話の一種として読んでいたんだと思います。
    19になって改めて読み返してみて、まあ人間は幻想に生きていて価値観の箱の中にいるんだなあ、と思った。ある考え方体系に入るというか。善悪の判断基準も、妄想も。個人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月05日

    悲劇であり、裏切り劇であり、復讐劇である。
    登場人物の心の闇がうまく表現されている。
    ほかのシェイクスピア作品ももう一度読み直したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この叢書が好きなので、食わず嫌いだったシェークスピアにも挑戦してみました。
    思いのほか読みやすかったので、するすると最後まで読めてしまいました。
    これなら他の作品も教養のために読んでみたいなーと思わせる読みやすさでした。

    ただ、あとがきで不覚にも(ry

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社古典新訳文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング