「森沢明夫」おすすめ作品一覧

「森沢明夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森沢明夫(モリサワアキオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1969年
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:作家

早稲田大学人間科学部卒。2007年『海を抱いたビー玉』で小説家デビュー。『ラストサムライ 片目のチャンピオン武田幸三』で第17回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。『津軽百年食堂』、『ふしぎな岬の物語』が実写映画化された。その他『夏美のホタル』、『癒し屋キリコの約束』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/04更新

ユーザーレビュー

  • きらきら眼鏡
    森沢さんの小説は、昨年あたりから手に取ることが多くなった。
    あたたかく優しい世界観が特徴で、もちろんそこに救われることも多いのだけれど
    時々、もう少し人間の持つ卑怯な部分が垣間見えてもいいのに…と感じていた。

    本作はこれまでの森沢さんの小説に比べて、人間の狡さや強かさが描かれている。
    一方で、これ...続きを読む
  • あおぞらビール
    アウトドア派の著者とその友人たちの、自虐ネタ満載の青春エッセイ。
    面白すぎです。
    電車の中など外で読むときは気を付けましょう。笑いを堪えきれないエピソード満載ですから。

    笑いたいときにお勧めの一冊。
  • ミーコの宝箱
    涙が出た。個人的には、かなり響くものがあった。わりと生々しいテーマを扱っていて、ドキドキするようなシーンもあって…。それでも最後は、穏やかな気持ちになれる。
    この話のモデルになった方も、娘さんと幸せに暮らしていてほしい。
  • 虹の岬の喫茶店
    アメイジング・グレイス(驚くべき恩恵)を授かっていることに気づけるかどうか、ものの見方や捉え方ひとつで、人生なんとかなる!と思える作品。

    新しく生まれ変われるのは、寂しい心が、あたたかな不思議な力で満ちていくとき、つまり人の温もりに触れたとき。
  • 大事なことほど小声でささやく
    凄く良かった!
    ジムで筋肉作りに勤しむゴンママことマッチョなオカマママと、その仲間たちの物語。

    読み始めは、あまりにもうだつの上がらない登場人物が出てきたので、あれ?救いようのある話になってくれるのだろうか?と不安になったけど、彼を含め登場人物たちは、ものの考え方を変え、次第に好転してき、幸せとい...続きを読む

特集