森沢明夫の一覧

「森沢明夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:森沢明夫(モリサワアキオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1969年
  • 出身地:日本 / 千葉県
  • 職業:作家

早稲田大学人間科学部卒。2007年『海を抱いたビー玉』で小説家デビュー。『ラストサムライ 片目のチャンピオン武田幸三』で第17回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。『津軽百年食堂』、『ふしぎな岬の物語』が実写映画化された。その他『夏美のホタル』、『癒し屋キリコの約束』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/12/28更新

ユーザーレビュー

  • エミリの小さな包丁
    すごくすごく温かくて優しい話。

    辛い思いをした主人公エミリの周りはすごく温かくて優しい。都会から来たためか初めはものの見方が少し斜めで疑ったり第一印象だけで人を好き嫌いしてる。
    でもこの主人公のしてることはきっと誰にでも当てはまる。それくらい当たり前のことが田舎では当たり前じゃない。
    その当たり前...続きを読む
  • エミリの小さな包丁
    すごく優しい話でした。
    傷ついてどこにも行けなくてあまり知らないおじいちゃんの元で自分を取り戻して巣立っていく。
    慰めてもらうのではなくて、見守ってもらうことで立ち直っていくことが出来るようになるなんて…スゴイことです。
  • エミリの小さな包丁
    まず冒頭から引き込まれた。

    わたしには武器がない。逆風を浴びながら、飄々と生き延びていくための武器がない。丸腰で及び腰。
    心はいつだって血をにじませている…

    など、
    まるで自分のことを言ってるのでは?と思うほど。
    グッと惹きつけられて、引き込まれるように読み進めた。

    親の離婚を経て愛の形が少し...続きを読む
  • 虹の岬の喫茶店
    感無量です。
    色んな人々の大なり小なりの人生での出来事、色々ありますよね。
    でもみんな笑顔を忘れることなく、自分なりに前を見て歩いて生きていきます。
    私もこれから先、後悔しないように生きていけたらと思います。
    バーカ♪
    2/12/12
  • 虹の岬の喫茶店
    大好きです。ホッと一息つけるような、忘れていた時間を戻させてくれそうな岬にポツンとある喫茶店。主人公の悦子さんの存在がとってもいい。どうしたらこんなに優しい人になれるのだろうか。何度でも何度でも読み返したくなる本です。