あなたへ
  • 値引き

あなたへ

作者名 :
値引き価格 376円 (342円+税) 3月4日まで
通常価格 627円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

富山の刑務所で作業技官として働く倉島英二。ある日、亡き妻から一通の手紙が届く。そこには遺骨を故郷の海に撤いてほしいと書かれており、長崎の郵便局留めでもう一通手紙があることを知る。手紙の受け取り期限は十二日間。妻の気持ちを知るため、自家製キャンピングカーで旅に出た倉島を待っていたのは。夫婦の愛と絆を綴った感涙の長編小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2012年09月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

あなたへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月24日

    倉島英二は63歳で、10歳年下の妻、洋子を53歳の若さで、悪性リンパ腫により亡くします。

    英二は富山刑務所の職員で受刑者に工芸を教える仕事をしていました。
    妻の洋子は亡くなる前に遺言を二通残し一通目には遺骨は故郷の海に散骨して欲しいという願いが、そしてもう一通は故郷の薄香という九州の町の郵便局に局...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    時間とは命のこと。生きているひと時ひと時を大切にするということは命を大切するということ。大切な言葉を頂きました。物語は序盤の伏線を主人公が富山から長崎へ向かう旅の中で人と出会いながら回収していく展開。これがまた様々な人生を送っている人達との出会いと奇蹟が描かれています。とても穏やかに、少し切なく、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月08日

    人の出会いは一期一会。そんな奇跡的な出会いがつながって、物語が完成されています。心に響く言葉にあふれていて、優しい気持ちになれます。心がカサカサしていると感じた時に、しっとりと優しく傷口を埋めてくれる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月12日

    綺麗な表現が随所に散りばめられていて、読んでいて心地よかった。擬音や比喩が一々詩的、でも分かりやすい。
    始終穏やかに進んで、最後はウルっと来る。
    優しい人がたくさん出て来る作品は観ても読んでもストレスフリーで、通勤時には最適ですね(笑)
    映画先行の小説とのことで、映画も観たくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月11日

    『津軽百年食堂』よりは大人の落ち着いた感じ。
    それにしてもこの作家さんは、風、雨、青空、花、色彩を巧く取り入れますね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月03日

    高倉健さんの映画の本。亡き妻からのメッセージで初めて旅に出る寡黙な男、倉島英二の物語。とてもとても良かったです。
    最初の夫婦のくだりは涙なしには読めませんでした。そのあとに出てくる杉野、田宮、南原、卓也、奈緒子、それがこうつながってくるとは。
    妻の洋子は素敵な女性だなぁと思った。亡くなってもなお夫を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月23日

    他人と過去は変えられないけれど、自分と未来は変えられる。

    ちっぽけなことばかり気にしてないで、もっと大きく生きていかなければ!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2012年10月12日

    熟年の夫婦の絆の深さに感銘し、読書に引きずり込まれます。PC画面に疲れますので少し読み進んでいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月28日

    映画が先にあったのですね。
    みてませんが。
    高倉健 なるほど

    この著者の本はかなり読んでいますが
    どれも読後感がいいんですよねえ。
    だからやめられません。

    知らない町も、知ってる場所も ありましたが
    風景が目に浮かびました。

    登場人物がうまくクロスして静かに終わります。
    パチパチパチ

    ≪ ひ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    もう少し

    やすべえ 2020年09月15日

    もう少しこの小説の先があればと期待してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています