青森ドロップキッカーズ

青森ドロップキッカーズ

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

凸凹四人組が繰り広げる青春カーリング小説。

青森三部作『津軽百年食堂』『ライアの祈り』の根幹をなす、感動エンターテインメント小説。
いじめられっ子の中学生・宏海、中途半端な不良で同級生の雄大、そして再起をはかるアスリート姉妹の柚果と陽香…。何をやってもうまくいかない彼等を結びつけたのはカーリングだった。青森を舞台に、見た目もキャラもバラバラな凸凹四人組が巻き起こす、爽快度120%+しみじみ泣ける青春カーリング小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年01月24日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

青森ドロップキッカーズ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    ’青森三部作’の二作目。
    舞台は青森市で、私は以前に住んでいたことがあるので、よく散歩に行った、合浦公園や、ご飯を食べに行ったアスパムなど、懐かしい名前がたくさん出てきました。

    第1作の『津軽百年食堂』は弘前市で、本作は青森市、次に読む予定の『ライアの祈り』は八戸市で、三部作で青森の観光名所案内や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月13日

    青森三部作の2作目。

    「津軽百年食堂」の桃子さんがでてきて嬉しい一作!

    舞台は青森市へ。なんとカーリング競技をテーマにした小説でした。森沢さんの小説でスポーツものは初めてでしたので、少々驚きましたが、よくわかっていなかったカーリング競技についてやさしく書いてあるのでよくわかりましたし、遠い競技だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月21日

    カーリングに出会った初心者でいじめられている中学生と、働きながらカーリングの大会の上位入賞目指して頑張っている子が主人公。
    ベテランにはベテランなりの悩みがあり、初心者の方は、出会ったばかりのワクワク感があり。
    最後の方で泣きそうになってしまいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月16日

    泣ける!爽やか!スッキリ!とにかく素晴らしい作品でした。カーリングにも青森にも興味がわきました。青森に行ってみたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月16日

     先に読んだ本、「ライアの祈り」に明るく魅力的な女性が登場しました。名前は大森桃花。この人がこの本でもうまく脇を固めていた。
    カーリングなんて全く興味はなかったけれど この冬にはカーリングの試合を興味深く観戦すると思う。若者を中心に生き生きと浮き沈みが描かれている。桃花さんが最初に登場した「津軽百年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月18日

    「人生は行雲流水」自由に生きようぜ!
     唇のはしにかすかな笑み、スビッツの音楽など、前作の「津軽百年食堂」とかぶるとこれがところどころに見られ、また人物ごとの展開になっているところなど、アレアレまたか〜と感じながらの読み始めでしたが、あまりの面白さにそういうことは全部忘れてしまってました。ラストはま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月18日

    誰かに物をあげると物は無くなるけど、目に見えないラッキーは増えていくの。

    ニコニコ一等賞と、ありがとう一等賞を取れる人が1番えらいんだよ。

    カーラーは不当に勝つなら負けを選ぶ。
    カーラーは思いやりを持ち常に高潔である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月29日

    最近ちょくちょく名前を見かける森沢明夫さん。初読みです。
    カーリング競技を舞台にした、軽くて暖かくて、読み出すと止まらない、なんとも爽快なエンターテイメント小説でした。
    読みながら、これは映像化向きだなぁと感じてました(事実、森沢作品は多く映像化されてるようです)。登場人物のキャラがシンプルですし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    カーリング青春物語。いじめや競技生活のジレンマなど真に迫るものある。ラストは理想的な展開だが、それはそれでいいじゃないかという気持ちになる。「何のためにやってるのか」ってことが大切だということを教えられる本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    面白かった。
    森沢ワールドらしく、心温まるストーリー。

    おばあちゃんの愛が、孫の宏海くんにしっかりと伝わっていて素敵だった。受け継がれていくスピリッツみたいなものを感じ、我が身を振り返り祖母のことを思い出した。

    カーリング、あまり興味のないスポーツだったけど、この本でルールも少しわかり、選手にも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています