ライアの祈り

ライアの祈り

作者名 :
通常価格 781円 (710円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

映画『ライアの祈り』森沢明夫原作小説!

吉永小百合主演映画『ふしぎな岬の物語』原作者としても著名な著者が描く話題映画の原作小説が待望の文庫版を電子化。
縄文時代から豊穣な土地として営みが続けられてきた青森八戸に赴任してきた桃子。バツイチ、35歳で恋に臆病になっている。人数あわせで呼ばれた合コンで出会ったのは、何とも風采のあがらない考古学者だった。彼の誘いで遺跡発掘に目覚めた桃子。古代の人々の、豊かで人間愛に満ちた暮らしを知るうちに、背負ってきた様々な呪縛から解き放たれていく。不器用な二人の思いは成就するのか……。縄文と現代、時を隔てながらも進んでゆく2つの感動物語。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
448ページ
電子版発売日
2015年04月24日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ライアの祈り のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    青森三部作の3作目。

    非常にスケールの大きい話で素晴らしかったぁ!縄文時代、1万年前、気が遠くなるほど遠い昔とリンクする八戸での物語。「津軽百年食堂」「青森ドロップキッカーズ」の二作でいい脇役だった桃子さんが真打登場とばかりに主役ででてきます。前2作では語られなかった桃子さんの辛い過去、心の中の闇...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月18日

     縄文文化にのめりこんで恋には晩稲の考古学者と 彼にひかれながら発掘の魅力に目覚める女性が 呑み歩き・食べ歩きしながら恋を育てていく 二人の会話が気持ちよく もう一度弘前に行ってみたくなった 今度は桜の季節に・・・ 
     彼らと並行して描写される縄文時代の人々の暮らしぶりも生き生きと描かれている驚いた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月27日

    多少状況は違えど、かつて私も桃子と同じ負い目を感じていた故に一緒に胸が痛かったり、色々な思いが巡る。それでも元気に前向きな彼女に憧れながら、そうなれない自分にジレンマも(^^;)。私は諦めた事を、最後に桃子は叶えられたことが嬉しい。読み始めから、ドキドキし、映像が浮かぶ…を通り越し、まるで自分がライ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月22日

    まさか、この3作がこんな形でつながっているとは!ヒンジになっていたのは、桃子さんでした。でも登場人物ではなくて、キーワードは「幸せ」です。いろんな形の幸せが、時間と場所をこえて絡み合う、とても素敵な三部作の結末でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月25日

    誰に聞いたのか
    忘れてしまったのだけれど
    縄文時代の遺跡から
    若い時に足を骨折したのだけれど
    そのあともちゃんと生活をしていた
    人骨の名残が出土した
    そんな話を思い出しました

    その時の時代にも
    今の時代にも
    変わらずにある
    「人の思い」を
    まぁ
    さすがに森沢明夫さんです
    見事な 心温まる
    物語に仕...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月07日

    青森三部作の三作目。

    現代と縄文を行き来しながら話を進めていくあたり、本当にストーリーテーリングが上手な方だと思う。
    読みやすさは抜群なのであっという間に読み切れる。
    悪い人間が一切登場しないのもこの方の作品の特徴であり、それゆえ読後感が爽快なのだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月19日

    青森三部作。縄文時代のお話と現代のお話がリンクしている。そしてやっぱりいい言葉が散りばめられてる。大好き!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月07日

    青森三部作 最終章。
    青森の魅力が詰まってました。

    あとがきでも書いてあるように
    幸せのカタチは人それぞれ。
    不幸のカタチだって人それぞれ。
    普通の幸せのぬくもりを感じられる本でした。

    縄文の魅力も感じられました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月15日

    『津軽百年食堂』『青森ドロップキッカーズ 』に続く「青森三部作」の最終巻。
    青森八戸を舞台に現代(津軽百年食堂の娘・桃子)と縄文時代(猟で歩行困難になりシャーマンに転身した娘・ライア)で呼応する恋の物語です。
    森沢さんの面目躍如というところ。全てが暖かく優しい。
    一言で言えばあり得ない「おとぎ話」か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月25日

    生まれ変わりなのか?ライアの章と、桃子さんの章が出てきます。
    ふたつの章が繋がっているのか?と思い、読み進めましたが、結局どうなんだろう?
    ただ確実なのは、桃子さんの方のカップルは、縄文時代が好きってことかな。

    最後でちょっとあれ?と、おもってしまいました。もうちょっと近況みたいなのがほしかったか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ライアの祈り に関連する特集・キャンペーン