吉川永青のレビュー一覧

  • 悪名残すとも
    <厳島の戦い>で毛利元就に敗れた陶晴賢(晴賢を名乗っていた時期は短く、長く「陶隆房」を名乗っていた)を主人公に据えた小説だ。
    他所の勢力との戦や家中の抗争に臨む様子が描かれる。華々しい合戦の他方で、あらゆる手段、諜報合戦、謀略の応酬となる家中の抗争もなかなか凄い…そして盟友のように歩みながら、反目し...続きを読む
  • 悪名残すとも
    陶晴賢、と毛利元就の小説と言った方が正確かもしれない。それぞれが求めたものが違った故に、途中から道が別れてしまった。それが必然だったのであろうが、やはり哀しかった。

    歴史は勝者によって書かれる。敗者は、ボロクソに書かれる。しかし、若くして万単位の用兵をなし、大内家を取り仕切った陶晴賢は、やはり凄か...続きを読む
  • 誉れの赤
    徳川四天王の1人井伊直政の赤備えのルーツについて1人の侍大将を主人公に上手く描いている。決戦は関ヶ原。果たして勘五郎の運命は?!
  • 老侍
    まだ3作品しか読んでないが、この書き手、好きだ。
    宗滴の爺に翻弄され、信虎にはイライラさせられ、島左近には熱いものを感じた。
    表紙も良い。爺に、睨め付けられている……
  • 決戦!関ヶ原
     怪僧恵瓊(木下昌輝著)は文庫版でのみ参戦。対するは毛利元就や、毛利の両川に比べて智謀に劣る毛利隆元が率いる毛利本家を案ずる、吉川広家。徳川家康に弓引かないことで、本領安堵を狙ったが…。敗戦後囚われても何故か余裕を見せる恵瓊。この一作も快作、買って損無し!
  • 賤ヶ岳の鬼
    吉川先生が、佐久間盛政を主人公にした小説を書いた。これだけで面白い(//∇//)佐久間盛政の長編小説は珍しいし貴重であると思う。
    玄蕃(盛政)親父様(柴田勝家)秀吉の3人から見た賤ヶ岳になっている。秀吉の野望に翻弄される玄蕃と親父様で苦杯ばかり舐めさせられるも諦めず、織田家を守り秀吉を倒そうとするそ...続きを読む
  • 天下、なんぼや。
    鴻池財閥の始祖・鴻池新六の一代記。

    家伝によれば、新六は山中鹿之助の長男で、幼くして実父と養父を喪い流浪の身となり、武士から転じて商人となった。その後、家康の庇護を得て、淀屋常安などとも交誼を結びながら、江戸時代随一の豪商にまで登り詰めていく……てな話です。

    つまづきこそあるものの、基本的にはト...続きを読む
  • 第六天の魔王なり
    ここで描かれる織田信長は情に厚く優しい、世間のイメージとは少し離れた人物。その信長が浅井長政の裏切りをキッカケに鬼へと変わっていく姿を描く。

    ポイントは明智光秀との関係だろう。何事も合理的に物事を捉える知将の光秀を信長は気に入り、光秀もまた信長の心の底にある情に惚れ忠臣として仕える。信長が心を鬼に...続きを読む
  • 雷雲の龍 会津に吼える
    講談社創業者・野間清治の祖父・森要蔵を描いた小説。
    おじさんくさくて、決して派手ではないけれど、胸にグッとくる一冊。

    要蔵は江戸と共に散るが、その子孫たちが昭和初期に剣を交える。何となく、運命的である。これを読んでいた頃に、令和に改元。そこも何やら、運命的である。
  • 誉れの赤
    武田の赤備えから、井伊の赤備えへ。「矜恃」とは何かを考えさせられる小説だった。いつか報われると信じて、自らの思いを大切にしながら、生きていきたいと思う。

    吉川永青さんのスタートとも言える作品。三国志物も読んでみたい。
  • 悪名残すとも
    中国地方の雄大内家(義隆)、の家老:陶隆房(晴賢)が尼子氏との戦いの中武勇を捨て遊楽に勤む姿を憂い、力を付けた盟友-毛利元就(外様)との内通で悪名覚悟で主の義隆を亡き者にして大友家に出した義隆の養子の大友晴英を戻し担ぎ大内家の再興に努めるも当初お互いに認め合った毛利元就との考え方の違いから袂を分かち...続きを読む
  • 第六天の魔王なり
    尾張弁が良いスパイスだった。

    信長の心理を丁寧に描いていく。彼の信じる、皆が幸せで笑顔で過ごせる世の為に、彼自身は情を殺していく。哀しくも、苦しい過程であり、それを、光秀が無理やり救いに来る。

    組織の人間として、上に立つ者は時に非情にならなくてはならない時もあるだろう。自らの功を胸に、安寧として...続きを読む
  • 決戦!関ヶ原
    オムニバス『決戦シリーズ』から『関ケ原』。徳川家康、可児才蔵、織田有楽斎、宇喜多秀家、島津義弘、小早川秀秋、石田三成を伊東潤、上田秀人、葉室麟らが描く。なかでも、好んで信長の弟に生まれたわけではない有楽斎が境遇や環境に規定される悲哀、偉大な父を持った二世の辛さと闘い続けた宇喜多秀家に想いを馳せる。裏...続きを読む
  • 孟徳と本初 三國志官渡決戦録
    曹操孟徳と名家の袁紹本初の官渡の戦いを描く、共に花嫁泥棒で過ごした青年時代の友がお互いに認め合いながら互い国の統一を目指し下に降られず官渡の戦いにもつれ込む。袁紹は絶対的な戦力で曹操を凌駕するも部下郭図の裏切りにより負ける。三国志(劉備、曹操、孫権)の前筋で呂布亡き後、関羽が一時曹操の下で戦い劉備が...続きを読む
  • 決戦!川中島
    決戦シリーズも段々と地味になっていくかと思いきや、小説としてはやはり面白い。
    武田・上杉の雌雄を決する川中島の戦いがあった事は知っているが、その仔細については知識不足だった。
    その戦いを知り、それぞれの違う人物から戦いを捉えていく事が出来るこのシリーズは好きだ。
  • 孟徳と本初 三國志官渡決戦録
    官渡の戦いまでを、孟徳と本初の視点から描く。
    互いの腹をさぐり合う訳だが、それに見合う心理描写も丁寧にされており、良き作品であった。
  • 決戦!関ヶ原2
    決戦!関ヶ原
    はその臨場感ある面白さに、私が初めて関ヶ原合戦の舞台を見るきっかけでした! 
    決戦!関ヶ原Ⅱ
    も武将の心情に共感できて、期待を裏切らない傑作揃い!

     黒田長政 島左近 仙石久勝 小川祐忠 本多忠勝 小早川秀秋 大谷吉継

     今度は小早川秀秋が戦場で見た松尾山からの絶景を見たく、松尾山...続きを読む
  • 決戦!賤ヶ岳
     決戦!賤ヶ岳 天下分け目の合戦は七本槍の武将のその後の人生の分岐点。武功で知られる加藤清正、福島正則より、加藤嘉明、片桐且元、脇坂安治、平野長泰、糟屋武則の物語の方が、それぞれにふむふむと肯きつつ興味をそそられました。
     関ヶ原合戦や大坂の陣までの後日談もまた色々と面白く読みました。
     秀吉が全く...続きを読む
  • 決戦!関ヶ原
    歴史小説は好きでこれは面白いと思って読んだが期待通りであった。7人の上手い書き手による人物ごとの短編である。それぞれが書き込まれているので、短編集にありがちな薄さ物足らなさはなかった。
    書き手の取り上げ方によって史実の見方を変えている所も興味深い。一番は「怪僧恵瓊」だった。
    このシリーズは追っかけた...続きを読む
  • 決戦!賤ヶ岳
    羽柴秀吉vs柴田勝家の賤ヶ岳決戦を描く。
    本能寺の変後、秀吉が次の天下取りの為の近従七本槍虎之助事:加藤清正、孫六事:加藤嘉明、市松事:福島正則、片桐且元、脇坂安治、兵助事:平野長泰、糟屋武則の其々の生き様を描き面白かった。