吉川永青の一覧

「吉川永青」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/06/24更新

ユーザーレビュー

  • 独眼竜と会津の執権
    蘆名氏筆頭金上盛備、吉川さん、なかなか渋いところを突いてくる。
    人それぞれ正しいと信じるところがあって、それがあちらこちらでぶつかり合う。そして、それがどう転んで行くのかは、誰にも分からない。結局、自分の信じた道を歩いて行くしかないんだね。
  • ぜにざむらい
    お金はいくらあってもいい。使い方がだいじ。人生を豊かにしてくれる。死ぬとき、いい使い方をしたと思えるように、お金と付き合いたい。
  • 誉れの赤
    久々の吉川永青作品。井伊の赤備えといえば、その甲冑が彦根城にも展示されていて、ひこにゃんも着ていて、地元のこんにゃくは赤色というくらいに、近江では有名なものなのだが…これ、元は甲斐の武田に所属していた武士団(備え)の甲冑色。

    三方ケ原の合戦で家康を震撼せしめた武田軍団。その中でも最強をもって知られ...続きを読む
  • 憂き夜に花を
    飢饉の折、うまくいかない商売を、どうにかできないかと、足掻く花火師の話。
    本人は、今日食べるご飯もない、という所からは少し離れている。その少しの余裕が、話に余白を与え、読みやすくしているのかもしれない。
    読後感もよく、胸の熱くなる、オススメの一冊。
  • 決戦!関ヶ原
    『決戦!関ヶ原』

    誰もが知る関ヶ原の戦い。
    4時間で決着がつき、そして最後の西軍 島津が退陣するまでが8時間。

    ●読みどころ
    1.関ヶ原
    家康と三成。
    戦い前に密談あり。
    互いの狙いは何か?

    2.戦終えての三成
    「勝者はいない。
     徳川も豊臣もそして毛利も、さらに私三成も全員   
     敗者なり...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!