「吉川永青」おすすめ作品一覧

「吉川永青」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/27更新

ユーザーレビュー

  • 誉れの赤
    徳川四天王の1人井伊直政の赤備えのルーツについて1人の侍大将を主人公に上手く描いている。決戦は関ヶ原。果たして勘五郎の運命は?!
  • 老侍
    まだ3作品しか読んでないが、この書き手、好きだ。
    宗滴の爺に翻弄され、信虎にはイライラさせられ、島左近には熱いものを感じた。
    表紙も良い。爺に、睨め付けられている……
  • 決戦!関ヶ原
     怪僧恵瓊(木下昌輝著)は文庫版でのみ参戦。対するは毛利元就や、毛利の両川に比べて智謀に劣る毛利隆元が率いる毛利本家を案ずる、吉川広家。徳川家康に弓引かないことで、本領安堵を狙ったが…。敗戦後囚われても何故か余裕を見せる恵瓊。この一作も快作、買って損無し!
  • 裏関ヶ原
    戦国時代あんまり好きじゃなかったけど…真田丸のせいで…。今までだったら手に取らなかった本。
    短編集。関ヶ原の戦いのときに、それぞれの家を守るため、それぞれの義を貫くために奮闘した人達のお話。黒田如水、佐竹義宣、細川幽斎、真田昌幸、最上義光、織田秀信。どの話もよかったけど、涙なしに読めなかったのは最上...続きを読む
  • 賤ヶ岳の鬼
    吉川先生が、佐久間盛政を主人公にした小説を書いた。これだけで面白い(//∇//)佐久間盛政の長編小説は珍しいし貴重であると思う。
    玄蕃(盛政)親父様(柴田勝家)秀吉の3人から見た賤ヶ岳になっている。秀吉の野望に翻弄される玄蕃と親父様で苦杯ばかり舐めさせられるも諦めず、織田家を守り秀吉を倒そうとするそ...続きを読む

特集