決戦!三國志

決戦!三國志

作者名 :
通常価格 1,242円 (税込)
紙の本 [参考] 1,512円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

累計7万部突破「決戦!」シリーズに三国志が登場!舞台は大陸。広大なスケールで贈るファン必読の書き下ろし豪華絢爛! 英雄たちの無双演舞田中芳樹 『アルスラーン戦記』『銀河英雄伝説』東郷 隆 『信長 覇王の海』『センゴク兄弟』木下昌輝 『宇喜多の捨て嫁』『人魚ノ肉』天野純希 『信長 暁の魔王』『破天の剣』吉川永青 『戯史三國志シリーズ』『誉れの赤』

ジャンル
出版社
講談社
電子版発売日
2016年01月22日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB

「決戦!三國志」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年02月02日

戦国時代アンソロジーと思っていた「決戦!」シリーズですが、三国志でもやってくれました。ただ、三国志全体でくくられちゃっているのが残念かな、と。
戦国時代に知名度の高低はあれど数々の戦いがあるように、三国志も同様。なので、こちらも一つの戦いをピックアップしてくれればいいのになぁ、と。「官渡」でも「赤壁...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月19日

それぞれの作品は面白かった。

でも、こうなると決戦シリーズとしてはどうなんだろう。
一つの戦いを、そこに関わっているそれぞれの視点で描くという点が面白かったのに。

三国志なら、それも十分に可能。三国志で何作かシリーズしてくれたら良かったのに。
それこそを読みたかったなあ。
これでは単に、三国志の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月19日

決戦シリーズでの日本の合戦ネタが尽きたか、先の本能寺に続き、国を変えた三国志ネタとなっているが、やはり中国では合戦の背景となった武士の葛藤という根幹の部分での感情移入ができず、イマイチか。戦国ものからさかのぼった応仁の乱とか源平ものとかに戻っていただければなとは思うが、武士階級が確立していない時代で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月13日

中国を舞台にしたことといい、広大なテーマといい、シリーズ番外編の趣き。5篇の短編集。昔吉川版三国志を一度読んだきりなのでついていけるかどうか不安だったけれど、まずまず楽しめた。でもやはり有名どころの周瑜を主人公にした「天を分かつ川」(天野純希)が一番楽しめた。彼が長生きしてたらどうなっていたかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月13日

シリーズ初の海外?モノ。
このシリーズは、目次で誰の話なのか明記されていたのに、今回はそれがなかった。読みはじめてもしばらく誰が主役か分からない話もあってもやもや。細かい事だが、編集の時に、やはり誰の話か書いておいてほしい。特に三國志は登場人物がやたら多いので。

許攸、周瑜、法正、すぐき(?)、劉...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,872

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!