誉れの赤
  • 値引き

誉れの赤

作者名 :
値引き価格 662円 (602円+税) 2月28日まで
通常価格 946円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「真田赤備えのルーツはここにあり!いま1番おすすめしたい時代小説です」(歴ドル・小日向えり)/戦場で最も目立つ朱色の具足。武田信玄配下の戦国最強部隊「赤備え」。赤備え山縣隊の一員であった甲斐地侍の勘五郎と幼馴染みの藤太は、長篠の戦いの大敗により、徳川へ主家替えを余儀なくされる。新しい主は赤鬼と呼ばれる井伊直政。戦国の終焉と最後の「赤の遺伝子」を受け継ぐ二人の武士の生き様とは。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年07月08日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

誉れの赤 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年05月04日

    徳川四天王の1人井伊直政の赤備えのルーツについて1人の侍大将を主人公に上手く描いている。決戦は関ヶ原。果たして勘五郎の運命は?!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月28日

    武田の赤備えから、井伊の赤備えへ。「矜恃」とは何かを考えさせられる小説だった。いつか報われると信じて、自らの思いを大切にしながら、生きていきたいと思う。

    吉川永青さんのスタートとも言える作品。三国志物も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    久々の吉川永青作品。井伊の赤備えといえば、その甲冑が彦根城にも展示されていて、ひこにゃんも着ていて、地元のこんにゃくは赤色というくらいに、近江では有名なものなのだが…これ、元は甲斐の武田に所属していた武士団(備え)の甲冑色。

    三方ケ原の合戦で家康を震撼せしめた武田軍団。その中でも最強をもって知られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

誉れの赤 に関連する特集・キャンペーン