地方都市の持続可能性 ──「東京ひとり勝ち」を超えて

地方都市の持続可能性 ──「東京ひとり勝ち」を超えて

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 946円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

地方分権の声も虚しく現在の日本は東京ひとり勝ちである。人口データを見ても経済力を見ても、明らかなこの状況、しかしこのままでは行き着く先は共倒れしかない。市町村合併といった具体策も実行されたが、むしろその副作用が露呈した。少子高齢化と長期低迷の時代、地方は衰退するしかないのか? 公共政策に精通する研究者が、全国各都市の栄枯盛衰を人口・産業・競争関係などから俯瞰し、さらに道州制や首都機能移転など、これまでの議論を整理。一風変わった視点から暗い将来像を振り払い、地方が生き残る条件を再検討する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2018年11月23日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

地方都市の持続可能性 ──「東京ひとり勝ち」を超えて のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月13日

    地方都市に住む者としてタイトルに惹かれて購入した。
    ライバル都市の部分が興味深い。
    人口に関する今昔のデータが豊富で地方都市の衰退が数字でわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくま新書 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング