「中島隆信」おすすめ作品一覧

「中島隆信」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/13更新

ユーザーレビュー

  • 障害者の経済学(増補改訂版)
    NHKオイコノミアで「おばさんの経済学」というテーマの解説者として出演時はオサレな品のいいおじ様という印象だった。

    障害者問題を経済学で中立的に善悪論ではなく行動の動機づけや詳細な資料で詳細に解説。これは同業者に紹介すべき良著。

    覚書
    目の前にいる障害者に対して健常者がとる行動を席をゆずる、無視...続きを読む
  • お寺の経済学
    最近実家の2か所ある墓のひとつを墓じまいした。先祖の歴史と弔いの場である墓に自分が手をつけることに躊躇しなかなか決断がつかなかった。この本はそんな自分の背中を押してくれる一助になった。江戸時代に確立された檀家制度を基盤とするお寺が今日大きな曲がり角を向かえており、今後どのように変わっていくのかという...続きを読む
  • 障害者の経済学(増補改訂版)
    目からウロコ。
    障害者がどう生きていくのがベターなのか、どんなことを大人になるまでに学んでおけばいいのか…具体的に考える助けになり、すばらしい一冊でした。

    ところどころに具体的な団体名•企業名が顔を出すのもよかったかと。
  • 障害者の経済学(増補改訂版)
    比較優位の原則を用いたユニークな提言。
    Aに比べて絶対的に能力の劣るBとCであっても、自分の中で相対的に得意な仕事に特化することで社会全体の生産量を増やすことができる。
    つまり障がい者の場合でも、自分のもっとも得意なことを見出すことで社会に貢献することができるというもの。
    能力の違いを認め受容する社...続きを読む
  • 刑務所の経済学
    【読書その35】内閣府の村木厚子統括官が、国家賠償金を長崎県雲仙市の社会福祉法人「南高愛隣会」に寄付し、障害を抱える累犯者の社会復帰支援や刑事司法制度の見直しに充てるための基金が創設されることになり、3月10日(土)にそのシンポジウムがあった。そのシンポジウムに参加し、改めて勉強しようと思って手にと...続きを読む