「水野敬也」おすすめ作品一覧

「水野敬也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:水野敬也(ミズノケイヤ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1976年11月26日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:作家

慶應義塾大学経済学部卒。2003年『ウケる技術』でデビュー。『夢をかなえるゾウ』がTVドラマ化やTVアニメ化された。その他作品に『バッドラック』、『LOVE理論』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/07/06更新

ユーザーレビュー

  • 運命の恋をかなえるスタンダール
    恋は甘い花のようなものだ。しかしその花を摘むには、恐ろしい断崖絶壁の縁まで行かねばならない

    絶望は幸福の伏線51

    56結晶作用
    ザルツブルクの塩坑では木の枝を投げ入れて数ヶ月で取り出してみると、輝かしい結晶で覆われている。

    絶対的基準で美しい女性よりも自分の好きになった女性の顔の方が美しく見え...続きを読む
  • 夢をかなえるゾウ

    癖になるほどオモシロイ

    ゾウの頭を持った神様と啓発本を買っては続かず、それでも成功することを夢見ている「僕」との話だが,とにかくオモロイ。関西弁を話すこの神様がまたうっとおしいほど私のツボに入った。
    この後の2と3も続けて読んでしまった。どのような人生を生きるかは自由。ただ私はこの神様のファンとして,課題に取り掛かろうと...続きを読む
  • 夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神
    前作に引き続き面白かった。

    今回はガネーシャ自体の出番(自己啓発)が少なかったかもしれない。
    その分ガネーシャ以外のキャラクターが強くなっていて、
    物語を掘り下げている感じがする。
    エグみがなくハッピーエンドになるので、
    読後が本当に気持ちが良い。

    ちょっとしたサービス出演なんかもあったりして、...続きを読む
  • 夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え
    最初の作品が好きで、前作はあまり…だったのですが、主人公が女性のせいかより共感できて、シリーズ中いちばん好きな作品です! 相変わらずさらっとたくさんの偉人の名言を学べることに加え、巻末の「ガネーシャの教え」以外にもメモしたくなるフレーズが多かったです。 ラストシーンはほろり。。苦労を共にした特別な関...続きを読む
  • 雨の日も、晴れ男
    人生、どんなことが起きようと、自分の捉え方によっていかようにもなる。
    そんな大切なことを、小説を読み進めていくうちに理解し、腑に落ちてくる良い作品です。

特集